■ワクワークショップ

ワクワークショップVol17バナー

■プロフィール

proclamation

Author:proclamation
ビジネス書著者を講師に招いたワクワークショップを主催。
Vol.01 横田尚哉氏、Vol.02 小山龍介氏、Vol.03 田島弓子氏、Vol.04 島田昭彦氏、Vol.05 マダム由美子氏、Vol.06 板橋悟氏、Vol.07 齊藤正明氏、Vol.08 阪部哲也氏、Vol.09 川田浩志先生、Vol.10 山口路子氏、Vol.11 マダム由美子氏、Vol.12 手塚美幸氏、Vol.13 横田尚哉氏、Vol.14 Marie&Carol、Vol.15 秋竹朋子、Vol.16 田島弓子氏。

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■FC2ブログランキング

お気に召したら下↓をクリック!

FC2Blog Ranking

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■広告

■Amazonビジネス書籍
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『ワクワークショップ Vol.01 横田尚哉氏に学ぶ「ワンランク上の自己投資」』開催!
力尽きてUP遅れました(汗

ついに、ついに『ワクワークショップ』の第1回を開催しました!


ワクワークショップ Vol.01
横田尚哉氏に学ぶ「ワンランク上の自己投資」
~ ファンクショナル・アプローチ 基礎コース ~



昨年の11月1日に坂田篤史さんが講師をされたセミナーで
横田尚哉さんに出逢った日にワークショップ開催の打診をしてから

約3ヶ月・・・

実現しました!

しかも、
嬉しいことに、第1回目にして満員御礼で、キャンセル待ちまで発生
(キャンセル待ちの方、ご参加いただけずに申し訳ありませんでした)

一人でも多くの方にと、55名分の椅子と机を全て使い切り、受付専用机も設けず。
講師+主催者+受講生53名で満タン状態となりました!


能力以上のことに挑んで、

精一杯背伸びして、

それでも全然届いてなくて、

大量に足りない分を、周囲の方々に補っていただき、

実現できました。


何の実績もない、私の申し出に承諾いただいた横田尚哉講師に感謝!

横田さんが講師とはいえ、なんの実績もない私が主催するセミナーに申し込んでくださった参加者のみなさんに感謝!

超多忙の中、私の招待にお応えいただいたビジネス書著者の方々に感謝!

当日スタッフとしてセミナー運営を支援頂いた仲間に感謝!



本編のワークショップセミナーは横田尚哉講師の熱弁&
参加者全員の熱気に満ちたワークとなりました。

オープニング
Vol.01 オープニング
アツイ・アツイ2時間の始まり始まり~

1部: 自己投資とは

2部: あなたの自己投資をカイゼンする

3部: 次に自己投資すべきは何か


ワークショップの模様

各テーブルを回りながら、参加者へアドバイス。
Vol.01 ワーク風景1

付箋を使いながら、ファンクションを書き出し、それをFASTダイヤグラムへ
(イヤ~難しかった)
Vol.01 ワーク風景2

アッという間!
休憩なしのブレスレスな2時間!


17時からは会場そのままで交流会

参加者みんなで椅子と机を動かし、セッティング。
みなさんありがとうございました。

そこかしこで交流の輪ができて、
時と共に、輪の位置とメンバーが
微妙に入れ替わる様。

主催者冥利。


交流会用に親交のあるプライベートシェフの安東さんに
焼き菓子作ってもらいました。
マドレーヌとクッキーとガトー?名称忘れた(汗
(写真撮るの忘れてた)

シェフの格好にコスプレ(じゃないな、本職だ)
Vol.01 交流会風景1

最初から飾りたかったのですが、今回ご参加いただいたビジネス書著者の
ほぼ全部を交流会の時に飾りました。
(安定感がなく本が何度も落ちてしまい、次回への改善が必要)
Vol.01 交流会風景2


これまた写真を撮り忘れたのですが、エスプレッソを飲めるようにと
家からネスプレッソのエスプレッソマシーンを持って来ました。

なかなか好評!

クイッと一杯
でスキッとしました。


意外と自分自身は忙しく、色々お話ししたかった方々と、じっくり話せず(涙

ここはかなり改善が必要と、猛省しました。


19時
セミナー会場から撤収

で、大量の荷物を車に戻そうと、道端の60分止められるパーキングエリアに行くと、

無い!

どう見ても、俺の車が無い!

しばしボーゼン・・・


で、地面を見ると白いチョークで
「新宿警察署 03-XXXX-XXXX」

レッカー移動


時間がなく、最寄の道端の60分のパーキングエリアに停めたのが仇に
まあ、2時前に停めたので、大幅超過していますが・・・

レッカー男の誕生の瞬間でした。

タクシーで新宿警察署に出頭
返却いただきました。


で、懇親会へ遅刻して参上!

沖縄料理屋で飲み食いしながら、
かなり身のある話しができました。

自分で何もしなくても料理が出て
頼めば料理がでる有り難さ。
話しに集中できました。


最後に、開催前日に紹介していなかった
ビジネス書著者のお二人の本をご紹介。

島田 昭彦氏
デキる人は皆やっている 一流の人脈術 (アスカビジネス)

祐川 京子氏
ほめ言葉ハンドブック 伝説の就活 黒 エントリーシート・履歴書 夢は宣言すると叶う

すぐに使える ほめ言葉ワークブック 人に好かれてうまくいく「愛嬌力」 はずむ人間関係をつくる仕事のしかた ほめ言葉ハンドブック 家族プライベート編


ご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました。


で、月イチの宣言どおり、第2回の予告

次回はハック!シリーズでお馴染みの小山龍介氏を講師に招いてのワークショップです。

『ワクワークショップ』Vol.02  
小山龍介氏に学ぶ「クリエイティブ ハック!」
~ 創造性を引き出す脳の使い方 ~

【日時】2009年3月14日(土)14:30~16:40 (開場14:00)
【会場】T’sクローバー西新宿11階 貸会議室1101(第1回と同じ)
    東京都渋谷区代々木3-23-4 クローバー西新宿

近日エントリーページを開示しますね。

スポンサーサイト
未分類 | 23:31:57 | Trackback(0) | Comments(4)
『本田直之氏&田島弓子氏トークイベント 不安定な時代を生き抜く』参加記録
1月16日(金)に丸善丸の内であった出版トークイベントに参加。
夫婦二人そろい踏みは、今後もそうそう見れるものじゃない!

田島弓子氏とは、1月9日に続いての拝顔。
本田直之氏とは、昨年の10月以来かな。

レバレッジ vs. アンバランス

レフェリーはディスカバー21干場弓子社長
(この御方しか捌けんでしょう!)

二度とお目にかかれないビックマッチ!

お互い譲れぬポリシーと相手へのリスペクト!

お互いの間合いに踏み込まないまま、
軽いジャブの打ち合いでタイムアップ!

ぷふーーーーっ

1時間半息止めてた

これが本一冊!?
サービスし過ぎじゃぁ・・・

失礼しました(汗


憧れの本田直之氏に、最近ハマってる”アンバランス田島弓子氏。
思い出して書いていても、コーフン!してしまう。

ありがたさ満載でしたが、あえて一人一言で。


■PickUpPoint

本田直之
将来の自分に借金を負わせない。
面倒くさいを先送りする→ますます面倒くさくなる。

痛い・・・耳に痛すぎる。

最近、雪だるま式に借金が膨らみかけてる(汗
確かに、どんどん面倒くさくなってる。

面倒くさいって大きく2種類あるかと。

日常のちょっとしたこと、メールの発信・返信や片付けとか。

もう一つは大きな問題/作業過ぎて、まとまった時間と努力が必要で
タイミングを計っているうちに、ズルズル。

どちらも共通しているのは、すぐに痛みを感じない。

これって、多重債務者へ注意喚起するCMそのもの!
あの、コップに水を注いでいって、ついに溢れるぅ

この対策って、『続ける「技術」』石田淳氏の
行動科学マネジメントじゃない?

なんか繋がっている気がするな、チェックだ!


田島弓子

様々な場所で私達は評価されている

でも、歳をとってくると、気付けなくなる(汗

妻曰く、「私くらいしか、あなたにダメ出ししないでしょ!」

40歳にもなると、”ダメ出し”というフィードバックが
自分に返ってこない。

これは相当怖いこと。

理由としては、
・そもそもいい年の人には言い難い(心の中でオイオイ)
・”ホメて伸ばす”風潮の蔓延(本当に本当?)
・一度言ってもらえた機会を素直に受け入れず、二度目以降を失う

気をつけなはれやぁ!
(俺が)




土日、用事が立込んでいたのと、疲れでブログアップが遅れた。

ら、ディスカバー21干場弓子社長のブログに、このイベントを
記事にしたブログがいくつも紹介されていた。

「兵は拙速を尊ぶ」とはよく言ったものだ。

面倒くさいを先送りしたら、機会を逸する。

ムムッ
この逸した機会を掴み直すのは、
確かに、さらに面倒くさい(涙

未分類 | 23:59:54 | Trackback(0) | Comments(2)
『やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』読書ノススメ
千葉智之氏の『出逢いの大学』特別講座vol.1でお会いして、サインを頂戴した荒濱一氏の著書。

パッと見はイカツイが、気さくで一緒にいると楽しい気分にさせてくれるハートフルな人でした。

やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている
荒濱 一 高橋 学
光文社
売り上げランキング: 3976


本書での「仕組み」の定義

一度作ってしまえば、自分はさほど動くことなく、自動的に収入が得られるシステム。

しかもそれは、「普通の人」が一人で、できる限り小資本かつローリスクで実現できるものでなくてはならない


ただ、本書をいわゆるノウハウ本と思って手にした方は、ガッカリされるでしょう。

”はじめに”に書かれているのですが、本書は「仕組み」所有者の「思考」にスポットをあてており、紹介されている「仕組み」自体は、その「思考」を紐解く補助的な位置づけでしかない。

「仕組み」所湯者の「思考」を”非”所有者に向けて、非常に解りやすく提示してくれている。

ともすれば顕在化しているビジネスモデルに目が行くところを、その源流に遡る作業を丹念に行っている点が、”非”所有者である私にはありがたかった。


「仕組み」思考のキーワード

1、複製
2、他力
3、多面
4、継続
5、分身
6、標準
7、法則
8、即行
9、論理


着目すべき点は、著者である、荒濱一氏と高橋学氏の質問力と分解・再構築力。

悪く言う気はないが、著者のお二人とも「仕組み」の所有者ではなく、所有者へのインタビューで本書を書き上げている。

”正しく質問しなければ、正しい答えは得られない”ことから、両氏の質問力の高さがうかがえる。

そして、その答えを高度な分解・再構築力により、「思考」を導き出している。

巻末にあるスグレモノ『あなたの頭の中を整理する!「仕組み」思考チェックシート』はその一端。


本書と前作を参考にして、私も「仕組み」所有者を目指します!

本田健氏だと「ビジネス・オーナー」でしょうね。

ただ、それよりもさらに定義を絞っている感じです。


しかし、読んで、関心して、それで終わっちゃねぇ

やってナンボ

必死に、徹底的にやってナンボ


■PickUpPoint

今の人って軽々しく友人・知人に相談できないような問題は、全部インターネットで調べて解決しようとするんですよ。

そう言われると、その通りだ!

このくだりだけでマーケットの巨大さが想像できてしまいますね。

やはりネットの海で漁をしたいな。


僕の場合、例えば11位から10位に上げたいんだったら、現状の9位、8位のサイトを徹底的に分析し、その真似をしますね。そのほうが順位が上がる可能性は格段に高い。

SEOのくだりなのですが、レベルアップ全般に通じる気がします。

TOPだけを見つめるか?
すぐ上を見つめ、追い越してはその上を見つめるか?

どっちが早く上がれるんでしょうね?


ほしくもない人に”売る”よりも、ほしい人を探して勝手に”売れる”状態を作ったほうがいい。

”売る”と”売れる”

”れ”が間に入るだけで、これだけ意味が変わるのか!

ただ感心してるだけじゃ全く意味ないんだよね・・・やってナンボ


「読む人の『で?』に答える」

セールスレターのくだりですが、見事に読者の心情を解き明かしています。

これも、『で?』に答えられる文章を書けててナンボ



昨晩は交流会に参加してきました。

つくづく思うのですが、本当に世の中には色々な職業の方がおられる。

もちろん職種も。

それに輪をかけて十人十色なのが経歴。

人の話しを聞いているはずなのに、自分の将来に向けての可能性に思いが馳せる時があるのが不思議。


テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

未分類 | 22:52:56 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。