■ワクワークショップ

ワクワークショップVol17バナー

■プロフィール

Author:proclamation
ビジネス書著者を講師に招いたワクワークショップを主催。
Vol.01 横田尚哉氏、Vol.02 小山龍介氏、Vol.03 田島弓子氏、Vol.04 島田昭彦氏、Vol.05 マダム由美子氏、Vol.06 板橋悟氏、Vol.07 齊藤正明氏、Vol.08 阪部哲也氏、Vol.09 川田浩志先生、Vol.10 山口路子氏、Vol.11 マダム由美子氏、Vol.12 手塚美幸氏、Vol.13 横田尚哉氏、Vol.14 Marie&Carol、Vol.15 秋竹朋子、Vol.16 田島弓子氏。

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■FC2ブログランキング

お気に召したら下↓をクリック!

FC2Blog Ranking

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■広告

■Amazonビジネス書籍
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『こだわりアカデミー第5回セミナー不況な時こそ、競争している場合じゃない』受講記録
1月29日(木)に
株式会社レバレッジ代表取締役社長
こだわり社長こと只石昌幸氏のセミナーに
参加してきました。

第1回から欠かさずに通っていますが、こだわり社長の講師ぶりが
どんどん板についてきて、成長するってこういうのをいうのかと。

後天的に獲得してきたものを開示しているので
「自分にもやれそう」感が漂っているのがイイ。


先に与える

欲しがっても貰えない


創業以来続けているとのこと。

不況、不況と言われるなかで、業績をガンガン伸ばしている
理由の一つなのでしょう。

与えられた方は何かしなければと考えてしまう。
ズルイと言えばズルイか。

ただ、何をどう与えるか?
結構センスが問われるところかと。

私の場合は、それ以前に他者に与えるような

”何か”があるか?

ムム~
落ち込むではないか↓

違う!違う!

2009年の目標に追加だ!

先に与える”何か”を身につける

オッ!

これって、ネタ元忘れたが、

自己実現の先の他者実現”につながるのでは?
(これもこだわり社長じゃなかったか?)

目標って、ともすれば自分にとっての自分にフォーカスしてしまうからなぁ

他者にとっての自分という視点を目標設定に導入するってのはイイんじゃなぃ?

しかも、他者っていっぱいあるしね。

嫁さん
愛犬

ご近所さん
部下
上司
同僚
社外の友人(これはさらに細分化できる)

勤務先の会社
日本社会
地球(大袈裟~)

キリがない(汗

一度に全部は無理だから整理が必要。

整理って、自分が認知できる外界を構造化するのかな?

なんか大袈裟な話しになってきた・・・


収拾つかないまま終わることをお許し下さい。



■PickUpPoint

目標にロックオンしておく

ロックオン
そのまま感じです。
カラーバス効果を目標に対して意図的に起こす、って感じでしょうか。

そして重要なのは”しておく”

人間、みな忘れっぽいです。
自分で書いたこともすぐ忘れます(特に私
ロックオンし続けるには、毎日目標を見る
そして見たことおも記録に残す。


協和状態と不協和状態

設定した/設定された目標を達成している自分が
リアルにイメージできるか?

できるなら、協和状態。
簡単じゃないけど、頑張れば届きそう。
自分の能力を100%、いや、時には120%も出す感じ。

できないなら、不協和状態。
無理!ってやつですね。
社内でよく出てきますねぇ
自分の能力の半分しか出さない/出せない感じ。

これってセルフマネジメントに必要ですが、
組織マネジメントを考える上では必須でしょう。

心当たりはありませんか?
「笛吹けど踊らず」



私が主催するワークショップセミナー

2月7日(土)
ワクワークショップ Vol.01
横田尚哉氏に学ぶ「ワンランク上の自己投資」
~ ファンクショナル・アプローチ 基礎コース ~
http://www.formpro.jp/form.php?fid=39077

正真正銘の満席
全ての椅子と机を使い切り状態。

多くの方のご支援に支えられてここまでたどり着きました。

自分でもビックリするくらい、自然と感謝の念が湧いてきますね。
やる側に回った方々はみなさんこうなるんじゃないかなぁ


1月30日(金)は、

朝食会で帝国ホテルのなだ万にて豪華朝定。
(朝定はなだ万に失礼だな)


続いてIT Compliance Summit 2009 Winter
に行ってきました。

基調講演はなぜか、塩ジイこと塩川正十郎氏
結構、背が高かった(それだけかよ!


続いて、お目当ての東大教授の伊藤元重氏

テレビではコメンテーターとして出演されていて
かなり好きな部類です。

お題は、
「新秩序に向かう世界の経済環境と
グローバル・プロフェッショナル」

内容は割愛しますが、聴いてヨカッタ。

もっとも、聴けたのは情報なので、
後は自分で料理しなきゃいけない。

記事のアップが遅れ気味~
キャッチアップせねば。

スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

Action | 23:59:24 | Trackback(0) | Comments(0)
『メイク・ア・ウィッシュの大野さん』読書ノススメ
決して電車で読んではいけません
人に涙を見られたくなければ・・・

メイク・ア・ウィッシュの大野さん (ダ・ヴィンチ ブックス)
大野 寿子
メディアファクトリー
売り上げランキング: 195209


と書いておきながら、おもいっきり電車で読んでた。

鼻すすりまくりの、目頭押さえまくりの、ズォ~~ッでした。

自分が主催する「ワクワークショップ」の寄付プログラム
Quarter Contribution(クオーター コントリビューション)
(セミナーの講師料と収益の25%を慈善団体に寄付)
の寄付先に選んだ”メイク・ア・ウィッシュ”の大野さんが書かれた本。

詳しくはこちらに↓
ワクワークショップ Vol.01
横田尚哉氏に学ぶ「ワンランク上の自己投資」
~ ファンクショナル・アプローチ 基礎コース ~


メイク・ア・ウィッシュは、3歳から18歳未満の難病とたたかっている
子どもたちの夢をかなえる活動している。

本書は、あまたの夢をかなえた活動の内から、幾つかを紹介してくださっています。

この本読んでいて、人間には2つの”生きている”ってのがあるのかなぁと、


体が生きている

心が生きている


難病にかかると、とかく”体を生かす”ことに目がいきがちですが、
それと同じくらい”心を生かす”ことが必要かを気付かされました。


で、冷静になって自分に当てはめてみた。

体を生かす”ために、食事や運動に気を使っていたりして健康体。


でも”心を生かす”ためではどうだろう?

毎朝、「ツイてる?」「ツイてる!」の言い合い。

芸術に触れる(先日の坂東玉三郎の「鷺娘」は”心”に効いた!)

お笑いを観て笑う。

セミナー主催の充実感。

・・・

アレ!?

もうパッと出てこないや(汗

マズいんでないのぉ


現代社会って、心が死んでても、体だけで生きているからなぁ

ん?

それってゾンビ?

心の生者が心の死者に、日々襲われているって感じかな?

いや、それは20世紀のこと。

21世紀は、心の生者が、心の死者を蘇らせる世紀のはずだ。

メイク・ア・ウィッシュはその先駆けのような気がする。


メイク・ア・ウィッシュへの協力が、私の心を生かすことになる。

そんな予感めいたものを感じさせる本でした。


これじゃ、内容解らないよね~
買って頂けると嬉しいです。
印税の全額が寄付されます。


いつもまとまっているわけじゃないが、今回は特に支離滅裂でした(汗


あなたは昨年、どんな夢をかなえましたか?

あなたは昨年、誰かの夢をかなえるお手伝いをしましたか?

あなたは今年、どんな夢をかなえようとしていますか?

あなたは今年、誰のどんな夢をかなえるお手伝いをしようとしていますか?

夢を目標と置き換えたら、なんとか答えられるか・・・
(自分で質問作っておいて、自分で答えられない)

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

Books | 23:59:59 | Trackback(0) | Comments(0)
『仕事は5年でやめなさい。』読書ノススメ
5年・・・何かを為すには短くて、何もせぬには長すぎて
キリが良さそうだが、今の私にはフィットしない期間

仕事は5年でやめなさい。
松田 公太
サンマーク出版
売り上げランキング: 1876


書くまで気付かなかったのですが、タイトルの最後に「。」が付いてますね!
モー娘みたい(もう古いか)

何かの番組で、つんくが「。」についてコメントしていたな~
ナンだっけか?忘れた(汗
話し振っといて、これかっ(スミマセン)


5年という時間は「経験のかたまり」とできる期間
と、”はじめに”で述べられています。

が、本書で伝えたいことに”5年”はそれほど含まれていない気がします。

仕事に対するスタンス

これを、特に若者へ届けたいのかと。


経験した者にとっては、いちいちごもっともな話しで、
そうそうってな感じ。

ただ、”基本に忠実”系の話しなので、経験したことが
無い人には、少々腹に入り難いかも。

もっとも、”タリーズ”というリアルな現場を触媒に使えているので、
ギリギリなんとか伝わりそうですね。

これは、コンシューマー(個人)向けのビジネスをやっている方々の特権。

読者が手触り感を得られるか?否か?
そういう面では”タリーズ”を上手く活かしてました。


■PickUpPoint

失敗のイメージを鮮明に描けるか

セミナー主催するのに描きましたよ~
50人も入れる部屋に私一人・・・
講師には申し訳ないが、超ゼイタクマンツーマンレッスン
この程度なら、やったもん勝ち

世の中、結構こういうの多いですよ
皆さんも、見つけてチャレンジしましょう!


人をほめること。これを自分の喜びとしてやるようになると、運の風は必ずこちら向きに吹くようになります。

これは、した方がいいと言われて頭で考えてもできるようにならない、と思ってる。
(そういうこと多いね)
逆に、色んなことにチャレンジして、コトの難しさや、人のありがたみを感じれば、自然と人をほめたくなる。



止めっぱなしにしない
この言葉、私のように続けるのが苦手な人間には必要。
また間隔空き始めた(汗

1/21(水)朝は、美崎さんが主催する築地朝食会へ参加

ゲストは、2/7(土)に私が主催するワークショップセミナー
講師の横田尚哉さんでした。
ミニミニワークで各テーブルが盛り上がっていました。


1/22(木)夜は、中山マコトさんの文章術セミナー

こういうのを受けると、必ずやっちゃいけないと言われてることを
やっちゃってて、ウッとなるんですよねぇ
今回もそうでした。


1/23(金)朝は、Jobweb朝食会でお世話になっているJobweb社の
本業である就活のお手伝いで、先輩社会人(3人の内1人)として参加。

お役に立てたのかどうか?ちょっぴり不安。
残り2人が、美崎さんと大田さんだったんで、
よけい緊張してしまった。

土日は休養。


1/26(月)夜は、出版社の編集者が私的に開いている新年会に参加。

まあ、スゴイの一言。
先週末のリマインドメールで280名、今日もすごい人人人人。

ちょっと場違い感が漂ったが、気合を入れて人人人人の海へ~
多士済々、素敵な出逢いに恵まれました。

紹介してくださった、2/7(土)セミナー講師の横田尚哉さんに感謝!

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

Books | 23:59:59 | Trackback(0) | Comments(0)
『「女装する女」刊行記念 湯山玲子さんトーク&サイン会 対談者 神田昌典氏』受講記録
湯山玲子さんに圧倒!
神田昌典氏に心酔!

今さらになってしまいますが・・・
1月21日(水) 丸善日本橋店 3Fギャラリーにて

1時間?1時間半?
アッという間に終了・・・


行くまでは、この二人の組み合わせはナンダ?
って感じでしたが、絶妙の組み合わせでした。

どこまで事前に打ち合わせされていたのか?
軽妙な掛け合いがよどみなく続いていく・・・


時代のうねり、文化、ビジネスがマーブル模様を描きながら
混ざり合っていく様は圧巻。

はたまた、極上のカクテルのごとし。
『女装する女』から素材を抜き出すは、湯山玲子、
シェーカーで腕を振るうは、神田正典。

いや~酔いました


酔っ払いの常で、あまり記憶が・・・(笑


■PickUpPoint
「消費者が感じているリアリティ」が欠けている・ズレている。
この言葉に出来ないコトを言葉にする

言葉を紡ぎ出す?
どう考えても、女性優位ですね・・・


次は宗教経済
最後は世界観

カルトからスピリチュアルへ
今や立派な経済圏を構築し、拡大し続けてますね。


アイデンティティー・クライシス

男性向けのお言葉。

皆さんご存知ですか?
”ブラ男(ぶらお)”
ブラジャーする男・・・
初めて知ったのですが、マジショックでした。
ここで、これ以上は語るまい。


競争社会のモデルを捨てる

男脳が創りあげてきた社会が転換点を迎えており、
これまで是とされてきた多くのモノを捨てる時だと。

これからは「女装する男」になる必要があるのか!?
内・外とも女装した男である、オネエを社会(女性)が
許容していることからも窺える?


女性の中に女は無い、場合によって女性にも男性にもなる

それに比べて男性はどうか?
ずっと男・・・ですね

実は不器用なんですねよね、男って。
女性のしなやかさと比べるとねぇ
なので、アイデンティティー・クライシスとなる
が、焦るな男子!

世は女性性を必要としている



ちょっとお疲れ気味でUPおくれました。

会場には結構ギリギリに到着したので、前方は諦めていたのですが、
ナント!
2列目にポッカリ1席空いているではありませんか!
イソイソと滑り込みに成功(嬉

しかも、前の席に折畳み傘で誰かがキープしていて、
最後までそのまま現れず(ツキ過ぎ)

で、ほぼ正面に神田正典氏が座った(オー神よ!)

終盤、神田さんが「男性ガンバレ!」と掛け声をかけたのですが、
思わず、ガッツポーズを作って前のめりになったら、
思いっきり目があって、し・か・も、うなずいて下さった(キーッ!)


質問コーナーで湯山さんに質問。
「女性の聖域ってどいうのがありますか?」

男性の聖域はほとんど女性に侵食されたが、
女性の聖域に男性はまだ足を踏み入れていない
との話しを受けて。

お答えはマシンガンの如く繰り出され、メモが追いつかず(汗

で、最後にサインを頂くときに、その一つである渋谷109を書いて下さった。
湯山さんサイン
「109 へ go」素直に嬉しかった

が、これはハードル高い・・・
渋谷にはすぐなのだが・・・

だから聖域なのか
と、妙に納得してしまった。

勇気を振り絞って、ゆくか!

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

Action | 23:59:27 | Trackback(0) | Comments(0)
『本田直之氏&田島弓子氏トークイベント 不安定な時代を生き抜く』参加記録
1月16日(金)に丸善丸の内であった出版トークイベントに参加。
夫婦二人そろい踏みは、今後もそうそう見れるものじゃない!

田島弓子氏とは、1月9日に続いての拝顔。
本田直之氏とは、昨年の10月以来かな。

レバレッジ vs. アンバランス

レフェリーはディスカバー21干場弓子社長
(この御方しか捌けんでしょう!)

二度とお目にかかれないビックマッチ!

お互い譲れぬポリシーと相手へのリスペクト!

お互いの間合いに踏み込まないまま、
軽いジャブの打ち合いでタイムアップ!

ぷふーーーーっ

1時間半息止めてた

これが本一冊!?
サービスし過ぎじゃぁ・・・

失礼しました(汗


憧れの本田直之氏に、最近ハマってる”アンバランス田島弓子氏。
思い出して書いていても、コーフン!してしまう。

ありがたさ満載でしたが、あえて一人一言で。


■PickUpPoint

本田直之
将来の自分に借金を負わせない。
面倒くさいを先送りする→ますます面倒くさくなる。

痛い・・・耳に痛すぎる。

最近、雪だるま式に借金が膨らみかけてる(汗
確かに、どんどん面倒くさくなってる。

面倒くさいって大きく2種類あるかと。

日常のちょっとしたこと、メールの発信・返信や片付けとか。

もう一つは大きな問題/作業過ぎて、まとまった時間と努力が必要で
タイミングを計っているうちに、ズルズル。

どちらも共通しているのは、すぐに痛みを感じない。

これって、多重債務者へ注意喚起するCMそのもの!
あの、コップに水を注いでいって、ついに溢れるぅ

この対策って、『続ける「技術」』石田淳氏の
行動科学マネジメントじゃない?

なんか繋がっている気がするな、チェックだ!


田島弓子

様々な場所で私達は評価されている

でも、歳をとってくると、気付けなくなる(汗

妻曰く、「私くらいしか、あなたにダメ出ししないでしょ!」

40歳にもなると、”ダメ出し”というフィードバックが
自分に返ってこない。

これは相当怖いこと。

理由としては、
・そもそもいい年の人には言い難い(心の中でオイオイ)
・”ホメて伸ばす”風潮の蔓延(本当に本当?)
・一度言ってもらえた機会を素直に受け入れず、二度目以降を失う

気をつけなはれやぁ!
(俺が)




土日、用事が立込んでいたのと、疲れでブログアップが遅れた。

ら、ディスカバー21干場弓子社長のブログに、このイベントを
記事にしたブログがいくつも紹介されていた。

「兵は拙速を尊ぶ」とはよく言ったものだ。

面倒くさいを先送りしたら、機会を逸する。

ムムッ
この逸した機会を掴み直すのは、
確かに、さらに面倒くさい(涙

未分類 | 23:59:54 | Trackback(0) | Comments(2)
美崎栄一郎氏『1/15LIVE@新宿『シナリオの作り方』』受講記録
mixiでイベント立った時に感じた直感は正しかった。
”シナリオ”私にとって2009年の重要キーワードになりました。

mixi入っている方はこちらを見ていただければ話しが早い。
1/15LIVE@新宿『シナリオの作り方』


ありがたい話しが山盛りでしたが、セミナー主催者としての観点から。

自分のシナリオだけを考えていてはダメ。

相手のシナリオを考える。


2/7(土)の自分が主催するワークショップセミナーだとどうなるか?

ワクワークショップ Vol.01
横田尚哉氏に学ぶ「ワンランク上の自己投資」
~ ファンクショナル・アプローチ 基礎コース ~
http://www.formpro.jp/form.php?fid=39077


1.主催者としての自分のシナリオ
2.セミナー講師の横田尚哉氏のシナリオ
3.一般受講者のシナリオ
4.ご招待したビジネス書著者VIP受講者のシナリオ
(正確には受講者一人ひとりのシナリオ)
5.今はエントリーしていないが、このセミナーを知った方(潜在顧客)のシナリオ


こうして書くだけで、ワークショップセミナー自体は一つしかないが、それに関わる人々には、それぞれのシナリオがあるというのが解りますね。

”シナリオ”はたぶん、”思考の流れ”と”行動の流れ”に分けられて、行動の多くは思考に支配されるので、”思考の流れ”をしっかり掴む必要があるんじゃないかと。

そうすると、上の自分自身を除く4種類の集合体(一人ひとりはまだ無理)の”思考の流れ”を読んで、想定されるシナリオを描ききらなければならない。

上手に”思考の流れ”を読むには、ベースとして経験と知識、そして想像力が必要かと。

経験と知識の不足分は先人に聴くことで、ある程度まかなえるが、想像力はいかんともし難い。
この想像力が、出来・不出来の決定要素になる気がします。


はたしてセミナー主催者としての私に、あるや?なしや?


現時点の答えは、一旦2月7日(土)に出ますね(ドキドキ)


ちょっと違いますが、私が棲むシステムの世界ではWBS(ワーク・ブレイクダウン・ストラクチャー)ってのがあります。
詳しくはこちら→WBS

これは、”行動の流れ”のみになりますが、馴染みがあるので、ここを踏み台にするとシナリオ作りをマスターする時間を短縮できる気がしてます。



顧客視点って、よく言われていますが、それを具体的な行動レベルへ落とし込むにはシナリオっていいような気がします。

”相手のシナリオ”って、ビジネスでは”顧客のシナリオ”であることが多いですからね。
いや、自分以外はみな顧客って考え方だと、全てにおいてでしょうか。

ま、なんにしてもお役立ち度満点のメソッドを教えていただきました。

が、これから先、活かすも殺すも自分しだい(汗

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

Action | 11:34:44 | Trackback(0) | Comments(0)
坂東玉三郎『鷺娘』観劇記録
ハカラズモ、芸術に涙。
本当にこの世のものとは思えない空間と時間に酔いしれた。

歌舞伎座

正月出勤の振替休日を使って、もうじき建替えで取り壊される銀座の歌舞伎座へ。

歌舞伎座さよなら公演 壽初春大歌舞伎の”午前の部”を大枚はたいて一等席で観劇しちゃいました。

演目
一、祝初春式三番叟
二、平家女護島 俊寛
三、花街模様薊色縫 十六夜清心
四、鷺娘


歌舞伎に疎い私のお目当ては、坂東玉三郎の『鷺娘』(ベタです)

まあ、スゴイ!スゴイ!って言われているけど、どれだけ凄いのか
一度、生で観てみようって程度のノリでした。

が、凄すぎた!!
もう、とにかくとんでもない空間と時間。

久しぶりにキタ!

”生きててヨカッタ”

これを観ずして死ななくてよかったと、心底思わせられましたよぉ


魂が震えて、涙・涙・涙・・・

幕が下りても、しばし、ぼーーーーぜん。

魂の揺れが収まらず。


ってな感じでした。


読書は、基本的には間接体験(疑似体験)なので、
意識して直接体験(リアル)をするように心掛けてて
今日はそれの一環。

にしても衝撃的でありました。
暫くグッタリ。




上の記事、全く何がどうなのか解りませんね(汗

でも、そうなんです!

筆舌につくし難いんです!

ということにさせて下さい・・・


ここに夜受けたみさ吉さんのセミナー記事を書く訳にはいかんので、明日のメインに。

テーマ:歌舞伎 - ジャンル:学問・文化・芸術

Action | 23:59:52 | Trackback(0) | Comments(0)
Jobweb朝食会『ビジネス力をアップさせる服装術(基本編)』受講記録
「今さら聞けないファッションの基本を押さえる」
確かに、この年になると”今さら聞けない”コトが多い。

チト遅れましたが、火曜定例のJobweb朝食会の記録&気付き

Jobweb朝食会では、初の遅刻(汗
朝食会の遅刻は電事故以外は寝坊しかないと、ハッキリしてますね。

30分後に到着した時には、参加者同士による相互チェック後であった・・・

20項目ある「ビジネスファッションの基本・チェックシート」は
参加者で満点が1名のみという、基本といいながらクリアが
難しいものでした。
(私は紙を受け取っただけ)


でも、その後の講話だけでも結構勉強になりました。


人間関係をスピーディーに構築するために必要。

特にビジネスシーンにおいて、この”スピーディー”は重要な要素。

「実は、お前ってイイヤツなんだ」なんて会話ができるほど、
嫌だと思いながらつきあい続けるのって、商談では少ない。

プラス要素もあると思うが、服装がマイナス要素として働いて、
遠回りするのを防ぐのが、まずは大事かと。


中身を伝えるための手段/技術。

そういえば『人は見た目が9割』ってのがしばらく前にベストセラーになりましたね。

五感で感知できない”中身”を相手に伝えるには、相手の五感を経由するしかない(よね?)。

まあ、雰囲気とか、なんとなく虫が好かないってのはありますが、自分で対処できないものをあれこれ考えてもねぇ

ひょっとすると、シックスセンスか!?
超高性能な脳が五感を総動員して無意識に出した答えか?

ワカンナイや。


話しを戻すと、伝えたい”自分の中身”を相手に伝えたいなら
まさにパッケージである服装を中心とした”視覚”に対しての
働きかけになるのかと。

で、専門家さんが研究したら、多くの人間が好ましいと感じる
パターンがあったようで、それを”身だしなみ”と言うのでしょう。

さらに、”パーソナルカラー”のように、自分ならではの似合う
色のパターンまであるようです。


ま、なんにしても、相手に伝えた”中身”ではなく、
相手に伝わった”中身”が、私の”中身”となる
ことは認識しておかないといけないでしょう。



まだ左のフレームに自分が主催するワークショップセミナーの案内を載せられない(汗

なので、ここに書いておきますね。

ワクワークショップ Vol.01
横田尚哉氏に学ぶ「ワンランク上の自己投資」
~ ファンクショナル・アプローチ 基礎コース ~

詳細/エントリーはこちら↓
http://www.formpro.jp/form.php?fid=39077


本当は嬉しいことがあったので、それを書きたかったが、次回へ持ち越し。

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

Action | 23:59:23 | Trackback(0) | Comments(0)
『リーダーになる人の たった1つの習慣』読書ノススメ
アツクなるにはこの方の本
福島正伸氏!

リーダーになる人の たった1つの習慣
福島 正伸
中経出版
売り上げランキング: 731

ストーリー形式でリーダー像の真髄に迫ります。

福島正伸氏だからでしょうが、リーダーシップ本にはストーリー形式の方が合いますね。

殆どのリーダーシップは一瞬で形成するものではなく、流れの中で形成されていくものだと思っている。
とすると、関係性と時間が流れるストーリー形式の方が、実践で役立つ学びに富んでいるハズ。

それに、理想のリーダー像が一つのみという訳はなく、その点でも、本書では三人三様のリーダー像を描いてくれており、正解は1つと考えがちな思考の修正もしてくれます。

日ごろの自分が恥ずかしくなり、少々落ち込んだりもしますが、自分の中で理想のリーダー像を描く助けにもってこいの本です。


■PickUpPoint

成功者から学ぶべきことは
うまくいかないことを
なぜあきらめなかったのかということである

本当に学びたい!
”学べる”ってことは後天的に身につけられるってことだ。
そういえば、最近少しずつあきらめるのが遅くなってる・・・気がする。


効率よりも価値を優先することだ。
効率を優先するほど、魅力のない事業になってしまうからね。
効率より優先するものがあるからこそ、効率を考える意味があるんだ。

PickUpしておいて、なんですが、よく解かっていません。
重要なヒントそうな気がするのですが・・・
そのうち、これかぁ!という場面に遭遇するハズ(汗


人はあらかじめ
どこであきらめるかを
決めている。

福島さんの講演では必ず出てくるセリフなのですが、身にしみます。

ここまで頑張ってダメなら、自分にはもう無理!
みたいなのって、やはり考えてしまいますよね。
その先へ進むには、”思い入れ”かな、私の場合は。


他人は競争する対象ではありません。信頼して支援する対象です。

まだ始まったばかりですが、今回のセミナー主催の活動を通じてこの言葉を痛感しました。
実際には支援して頂いた側なのですが・・・
だからこそ感じられたと思っています。

サラリーマンを17年以上続けても気付けなかったのにねぇ。




左のフレームに『ワクワークショップ』のエントリーページの情報とリンクを貼りたいのだが、苦戦中。

一応、IT業界にいるのにねぇ
製造から外れて、マネジメントや上流工程ばっかやってると腕が鈍りきっていた(汗

なので、昨日は記事の更新を控えてしまった。
そして、2日は嫌だったので、更新してしまった(涙


脈略ありませんが、私のセミナーの案内で締めます。

ワクワークショップ Vol.01 横田尚哉氏に学ぶ「ワンランク上の自己投資」
~ ファンクショナル・アプローチ 基礎コース ~

ご興味が湧いた方は↓この画像をクリック!
ワクワークショップ Vol.01


テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

Books | 01:08:04 | Trackback(0) | Comments(4)
始動!『ワクワークショップ Vol.01 横田尚哉氏に学ぶ「ワンランク上の自己投資」』
ついに自分が主催するワークショップセミナーの開始!
ご協力いただいた皆さんに感謝です!

題して!

ワクワークショップ Vol.01 横田尚哉氏に学ぶ「ワンランク上の自己投資」
~ ファンクショナル・アプローチ 基礎コース ~

エントリーはこの画像をクリック↓
ワクワークショップ Vol.01


【「10を知る」ではなく「1やれる!」】
をコンセプトに、月イチで"ビジネス界の匠"から一手ご教授いただきます。

今回の講師は、オープンなワークショップ形式セミナーは初めてとなる
『ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える
「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ』の横田尚哉氏です。

このサイトをご覧になられている時点で、あなたは自分自身を向上させるため
に何らかの”自己投資”をしているはずです。

しかし、その”自己投資”は、本当に投資(時間・お金・労力・・・)に対して、
最小のリスクで最大のリターンを得られていますでしょうか?

総額1兆円分の公共事業の改善に乗り出し、コスト縮減総額2000億円を実現させた
横田尚哉氏が用いる「ファンクショナル・アプローチ」を活用できるようになれば、
この質問にご自身で回答できるようになるでしょう。

ファンクショナル・アプローチ」とは、問題を"直接"解決しようとする今までの方法と異なり、
一度ファンクション(機能、効用、意図)に置き換えてから解決しようとする、GE社で開発
された革新的な問題解決の技術のことです。
詳しくはこちら
http://www.kamuna.jp/ve/ve_fa.php


その「ファンクショナル・アプローチ」第一人者である横田尚哉氏から、実際のワークを通して
基礎技術を習得します。
日常のビジネスシーンで普段使いできる”シンプル”で”強力”な武器を一つ手に入れて下さい。

そして、学んだばかりの「ファンクショナル・アプローチ」を使って「自己投資」をテーマに
グループワークに取り組みます。

”聴く”ではなく”やる”ワークショップの成果は受講者一人ひとり自分自身のものになります。
受講後、自分だけの「ワンランク上の自己投資」を手に入れることになるでしょう。

ご興味があれば、こちらへ→エントリーフォーム
─────────────────────────────────────────
開催日時 :2009年2月7日(土) 14:30~16:40(14:00開場)

会場    :T'sクローバー西新宿11階 貸会議室1101
東京都渋谷区代々木3-23-4 クローバー西新宿
[アクセスマップ]
http://www.tsrental.jp/location/w_shinjuku/map.html

講師    :横田 尚哉(よこた ひさや)

受講料   :7,000円

定員    :40名様

内容    :・自己への投資を回収できる人とできない人の違いは?
        ・自己投資を行う目的は、ズバリこれ!
        ・参加者同士のグループワークで見えてくる、あなたの自己投資の弱点
        ・あなたが次に自己投資すべきは何か?をつかむ

─────────────────────────────────────────

ワークショップセミナー終了後、その場で"交流会"を開催。
講師とはもちろん、受講者同士の親睦を深めて欲しいです。

その後、"懇親会"と称して、近くの居酒屋でガッツリ飲み食い。


受講生として、既に著書を出版されるなど、ビジネス界でご活躍されている
ビジネスパーソンの出席を予定!

午堂登紀雄氏『33歳で資産3億円をつくった私の方法』、『30代で差をつける「人生戦略」ノート』
         『大事なことは3秒で決める!』、『「突き抜ける!」時間思考術』
         『脳を「見える化」する思考ノート』、『問題解決力をつける本』
坂田篤史氏 『28歳までに他社からスカウトされる人脈術』
高橋学氏   『結局「仕組み」を作った人が勝っている』、『やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』
田中正博氏 『36倍売れた! 仕組み思考術』
千葉智之氏 『出逢いの大学』
(五十音順)

ビジネス書著者と一緒にグループワークができるかもしれませんね。

ご興味があれば、こちらへ→エントリーフォーム



主催者側に回るって、想像以上に大変(汗

でもメチャクチャ勉強になりますよ!
そして、人のありがたみも身にしみます。

ビジネス書著者の福島正伸氏の言葉を思い出しました。

「成功は約束されていないが、 成長は約束されている!」

皆さんもゼヒ!

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

Action | 23:59:59 | Trackback(0) | Comments(1)
『ワークライフ”アンバランス”の仕事力 解説 サラリーマン編』受講記録
田島弓子(著者)×干場弓子(Discover社長)
二人の”弓”の弦はピンピンに張ってるね。

周りの方々は、ずいぶん矢を射掛けられていることでしょう(笑
人ごとだから言えるが、俺も射掛けられたい(バカ

お会いするまでは、もっとギラギラ系かと思っていたのですが・・・、
よそ行きなのか、スマート感が勝ってましたね。

が、干場社長とのトークセッションでは心強い援軍を得たせいか
”アンバランス”ぶりを発揮されてました。


著書にサインを頂くときに確認したことがあります。

「その日焼けはハワイのサーフィン焼けですか?」
答えは、もちろん
「YES!」

ご主人の本田直之氏と波に乗ってる。
ん~絵になるね。

本と重複する部分が多かったのですが、”アンバランス”を
再整理できたので、非常に有意義でした。


1月7日の書評に書いた、「会社目線」の得方を知りたいっての。

バッチリ出ました。

主語は「私は」ではない

オー!
短く、しっくりくるセリフ。
主語は「仕事」

確かに、これだと自分の限界を突破して、
仕事が求める目標まで到達するしかなくなる。


で、更に疑問が。

社員の多くは「自分目線」で、その中に一人「会社目線」・・・

浮きます、間違いなく。

なので、
チームとか組織レベルで「会社目線」化するには?

質問コーナーがあってよかった。

さすが!
答えてくださいました。

「会社目線」な上司を巻き込むベシ!

その後、自分なりに考えて、アンケートにも書いたのが、

「会社目線」連合軍を結成し、「自分目線」軍を各個撃破!

点では影響力が弱いので、線へ、そして面へ
なんか囲碁っぽいね。

ヤッパ、どうせ仕事するなら、楽しくて、アツイ方がいいよね。


干場社長の「5つ」の話は、ここに書いていいのか解からないので、
参加者のみということで。

この本早くでないかなぁ
出たらすぐに買いだ!

やっぱアツイ方がいいよねぇ

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

Action | 23:59:26 | Trackback(0) | Comments(2)
『人生のプロジェクト』読書ノススメ
写真がメチャクチャ良かったなぁ~
これぞフォトリーディング!なんてね

人生のプロジェクト
人生のプロジェクト
posted with amazlet at 09.01.08
山崎 拓巳
サンクチュアリ出版
売り上げランキング: 4346


二人の男がレンガを積んでいた。

「君たちはなにをしているんだ?」とたずねると、
一人は「レンガを積んでいるんだ」と答えた。
もう一人は「教会を造っているんだ」と答えた。

そして二人の未来は、まったく違うものになった。


のっけからこれですよ!
タマリマセン

ただ、このノリで最後まで行ききって欲しかった。
”MECE”とか出さない方がよかったな~

徹底的に理屈を排除してもらて、浸りきりたかった。
と言いつつ、結構浸ってた(笑


自分の人生という、一生をかけるプロジェクトで何を生み出そうというのか?

ん~ん
今はパッとは出ない。

死にたくないから生きているんじゃない!と言い切れるか・・・


■PickUpPoint

夢は「知識」だ。
知れば知るほど選択肢が増え、未来のビジョンが鮮明に溢れ出す。

知らないものは欲しえない。
「知識」じゃない言葉の方がいいんじゃないかなぁ


毎日、お母さんは料理を作っているが、コックにはならない。
一方で、初めて包丁を持ったときから「コックになること」を
目標にした少年は、数年後、コックとして働いている。

上のと合わせると、見えてくるものがある。
あなたにとっての”コック”はなんですか?
あなたは既に、あなたにとっての”コック”を知るにいたってますか?




ここ最近、ワークライフ”アンバランス”な生活が続いている。

確かにハマっているね。
アドレナリン出まくってるね。
対象がライフ側だけど(笑

ん~
とうやらワークでもライフでも、どちら側でもハマればいいようです。

ワークはなぁと思われている方、
ぜひライフ側でハマるものを見つけて、しっかりハマって下さい!

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

Books | 23:59:47 | Trackback(0) | Comments(0)
『ワークライフ“アンバランス”の仕事力』読書ノススメ
個の時代には、お仕着せのワークライフバランスなんて脱ぎ捨てて
自分だけのワークライフ”ベスト”バランを見つけるベシ!
そんな時には、一度ワークライフ”アンバランスを味わうとイイ

ワークライフ“アンバランス”の仕事力
田島 弓子
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 662

仕事に「ハマる」って感覚は随分昔の思い出になってしまってるなぁ~
アドレナリン出まくりで、自分も周りもプロジェクト完遂に向けてアツク・アツクなってた頃・・・

ん?

なんか老人の回顧録みたいになってる(汗


ウンウンうなずきながら一気に読み進めてしまえたのは、ほとんどの部分で
過去、自分がやったり、感じたりしていたことだからでしょう。

そういう意味では、一度はワークライフ”アンバランス”にどっぷり漬かった人にはウケます。


逆に、未経験者にはどうなんでしょう?

斜に構えられて、うまく思いが伝わらないかもしれませんね。
アツクルシイって感じで、逆に引かれそう。

一番本書を活かせるのは、上昇志向のある若手ビジネスパーソンで
なにがしか取り組んでいる方たちでしょうね。

一度トコトンまでワークライフ”アンバランス”ってのを堪能してやろうじゃないか!
って感じでさらに発奮してくれれば、著者冥利につきるでしょう。


1.上昇志向があり、行動が伴っている人
2.上昇志向はあるが、行動が伴わない人
3.世に言うワークライフバランス派

”2”の人には、本書はどうとらえられるんでしょうね?
ちょっと気になります。

が、たぶん他の本と同じで、その方の前を素通りしていくのでしょう。
モッタイナイ


■PickUpPoint

キツイ仕事であればるほど、そこでひるんでしまったら、その仕事はもっとキツくなります。

確かに!
私の経験では、キツイがツライになりましたね、ハイ


あなたの不満は「会社目線」?「自分目線」?

厳しいところを突いてきますね。
今の自分を鑑みるに、いい年して「自分目線」・・・かも(汗

「会社目線」へのもって行き方をもう少し書いて欲しかった。
持ちましょう!
で、持てないから、みんな持ててないんだし・・・


先に自分の足りない部分を補うためのプランをたてておく

目標と目的の明確化→現状とのギャップを明確化→具体的にどう埋める?
まあ、基本なんですが、スグ忘れちゃいますね(なので書いた)




”祭”を一番堪能できるのは誰か?

1位:準備した人
2位:当日やった人
3位:当日観た人

なーんてことを、本書を読んでいたら考えちゃいました。

世の中に”観る”だけの人が増えてきたから、
なんとなく”ツマラナイ”感が世を覆ってしまった気がするなぁ


【ご紹介】

1月18日に 友人の 久保憂希也さんが渋谷で「税務調査の真実」と「勉強術」、二つのセミナーを同時開催します。

セミナー講師である久保さんは、元国税に勤めていた税務のプロです。

興味のある方はぜひ参加してみてはいかがですか?


≪講師の久保憂希也さんのメッセージ≫

1月18日(日)に

私が提供するセミナーコンテンツの中で最強の2つ!

これを1日で同時開催してしまいます・・・


~第1部~


=元国税が語る!=

「税務調査の真実」

~セミナー概要~

・こんな会社が税務調査に狙われる!
・調査官はこんなところを見ている
・調査官との交渉術とは?
・究極の税務調査対策

【日時】

平成21年1月18日(日) 受付:午後1時10分

開始:午後1時半 終了:3時半

過去の実績はこちら

http://www.inspireconsulting.co.jp/20080718.html


~第2部~

=向上心あるビジネスマンの方限定=

「勉強術大公開セミナー」


~セミナー概要~

・どうすれば急速にインプットができるのか?
・働きながらでも資格に合格できる勉強法!
・転職に役立つスキルアップ方法
・優秀なビジネスマンはどんな生活をしているの?


【日時】

平成21年1月18日(日) 受付:午後3時40分

開始:午後4時 終了:6時


【場所】

東京都渋谷区渋谷1-8-7 第27・SYビル 8F (渋谷駅宮益坂 徒歩5分)

http://www.kjnet.co.jp/rental/promo.html

【定員】

各先着30名様

【受講料】

各5,000円/人
1部・2部セミナー連続受講で8,000円/人(2,000円お得)
両セミナーとも2人で8,000円(2,000円お得)
3人の場合は9,000円で受講いただけます(6,000円お得)


お申し込みの方は、

http://www.inspireconsulting.co.jp/20090118.html

または弊社セミナー申込専用アドレス

seminar@inspireconsulting.co.jp

(InspireConsultingセミナー係)

まで直接ご連絡をお願いします。

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

Books | 23:59:43 | Trackback(0) | Comments(0)
愛妻家 大田正文講師によるJobweb朝食会『普通のビジネスパーソンが目標達成するための手帳活用術』参加記録
リアルネットワークが持つ超強力パワーを再認識させられた!
Jobweb朝食会の歴代No.1参加者記録更新!

Jobwebさんのサイト

2008年8月に私が初めてJobweb朝食会に参加した時に、たまたま同じテーブルになって名刺交換させて頂いた時以来の関係で、その後もチョクチョクお会いさせて頂いている。

私の隣もそうでしたが、「手帳活用術」を知りたいというより
大田さんがJobweb朝食会で講師されるならば行かねば!
という気にさせる方です。

これは、ネットでも勿論あるのでしょうが、リアルコミュニケーションに
因るところ大でしょう!

コミュニティを6つ主催
メルマガ毎日発行
1年間のイベント参加数302
2008年に知り合った人が1,000人超(私もその一人に入りますね)

で、サラリーマンもやっている(笑

何枚もの皿を落とさずに回し続けている!
ひたすら回す皿を増やし続けている!
って感じでしょうか・・・

今度会った時に何枚もの皿を落とさずに回し続ける秘訣を聴かねば。


全く講演内容に触れていませんね(笑

今日最も伝えたいこととして挙げていた項目

①「思考」のみに止まらず「行動」
②「宣言」
③「人の力」を借りる

嬉しいことに、この3点は現在進行形で、いま自分が取り組んでいる!
いや~外してなくてホッとしました。

太田正文氏!2009年はどこまでぶっ飛んで行くのか楽しみです。

私も引き離されないよう、ぶっ飛んで行きますね

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

Action | 23:59:15 | Trackback(0) | Comments(2)
『「お金を稼ぐ!」勉強法』読書ノススメ
サラリーマンが勉強の成果として直接給与がいくら増えたかはナントも・・・
週末企業的に別に収入を得られれば、ワカリヤスイ

「お金を稼ぐ!」勉強法
藤井孝一
三笠書房
売り上げランキング: 5534

”週末起業”の藤井孝一氏が書いているからこそ、説得力のある内容。

よく言われるとおり、社会人にとっての勉強は”投資”!

当然、

投資”→”回収

ですね。


ただ、何をもって”回収”できたとするかは難しい。
数値化するのはさらに困難ですね。

でもって、個人的には”実感”したい。

そういう私のような人向きの本です。


本業のサラリーとは別に、収入手段を得ていくための手ほどき。

これならば、”回収”をハッキリ数値化できるし、
バッチリ”実感”できる!

実感”湧きにくいんですよねぇ
勉強したから今のサラリーや地位や仕事があるのかどうか・・・
結局どれだけ寄与しているのか・・・
どんぶり勘定な人間なので、”別枠”じゃなきゃダメなんです(笑


収入が別なら、”回収”に対して数値目標設定が可能!

みなさんしていますか?

2009年の私は、ナント!数値目標を設定しています!

果たして、1年後に達成しているや否や・・・って感じです。

2008年は”投資”オンリーでしたから(汗

こうしておくと、少なくとも、いつの間にか手段でしかない”勉強”自体が目的化してしまうことへの歯止めにはなりますね。


と、こういうコトを書きたくなる本です、はい。

P33に一覧にしている”私の「稼ぎ史」”を始め、具体的な手段を開示しているのはかなり参考になります。

さすがに、ここが知りたいな~という具体的な手口までは明かしていませんが、かなり先人に学べます。


最後の”あとがき”の最後のくだりにかなりグッときました。

できるだけたくさんの「ありがとう」の言葉を集めてください。そうすれば、後からお金は必ずついてきます。実は、これこそが、「稼ぐ勉強」の極意なのです。

「ありがとう」の言葉を集めて

この方向感を忘れないようにしたいです。


■PickUpPoint

勉強をして稼ぐ人の多くが、最初は無料で取り組んでいます。

ハッとしました!
無料でも、社外の人が私に何かを相談してくれるか?
キビシイ

そもそも自分が相談する対象になりえるか?
それには自分が何に対して価値を持っているかを世間に発信しているのが前提。
できていません(ガクッ


大事なことは、やめっぱなしにしないことです。

何かの都合で、中断してもそれっきりにしないこと!
いや~耳に痛いです。

ただ、”続ける”というキーワードよりもプレッシャーが少ない。
”やめっぱなしにしない”を続けましょう。



会社が始まり、やっと生活のリズムを取り戻せそうです。

会社人間ではないのですが、会社でリズムを取るタイプなので
(に見えないかも・・・)

本田直之氏が唱える”時間割”
結構私に合ってる。

みなさんは何でリズムをとっていますか?

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

Books | 23:53:45 | Trackback(0) | Comments(0)
『ラクをしないと成果は出ない』読書ノススメ
幕の内を腹いっぱい食べた気分。
盛り沢山過ぎて、食べ終わった後に何を食べたか忘れそう(笑

ラクをしないと成果は出ない
日垣 隆
大和書房
売り上げランキング: 32040


見開き2ページで1テーマ
これが100個!

無理やり10個で1章にして10章立て
が、殆ど全部独立している・・・

本当に内容バラバラですが、かなりのお役立ち本です。

そう言えば、心掛けようとしていたのにできてない(汗
とか、
そうそう!その通り。やってるよ~ん
とか、
ん~~それってどうやろ
とかぁ

と、何気に楽しみながら読める本でした。

早速PickUpPointへ


■PickUpPoint

インプットが三分の一程度になったらアウトプットを始める

これから始めようとしているコトは、まさにこれだ!


好かれることより、相手にとっての自分の優先順位を八位から三位に上げるような人間関係を目指す。

これ、2009年に目指すべきことの一つになりそうです。
が、数値目標にするには難しい。

ま、量り方としては、誰かと自分の1対1のシーソーでどちらに傾くか?
で知る程度でしょうかね。


あなたの仕事の評価が「安い」のであれば、あなたは「求められていない」のが現実です。

結構グサッときました。

先日の不等号の話しに絡めると、価値が低いので、コスト(主に価格)を下げるしかなくなるということでしょう。

価値を上げましょう!


「なるほど」と思ったことは、二四時間以内に「やる」メドをつける

”24時間ルール”
これ、結構キビシイですね・・・「なるほど」に出会うたびにやり続けるってのが。
が、効果は抜群でしょう!



昨日仕事していたので、既に仕事モードだが、明日は正式な初出だ。

1月は正月で営業日が少なく、アッという間に2月へ

2月は本当に日が少なく、アッという間に3月へ

3月は・・・

と書いていくと、アッという間に、始まったばかりの2009年が終わってしまいますね。


会社には”年度”という、もう一つの区切りがあるので少々ややこしいのですが、個人的には仕事も含めて1年間は1月から12月にした方がしっくりきます。

2009年は欲張っていきます。

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

Books | 23:48:29 | Trackback(0) | Comments(0)
『大事なことは3秒で決める! 資金ゼロから3億つくる“反常識”発想法』読書ノススメ
午堂登紀雄氏の唱える37個のルール
あなたは何個実践できていますか?

大事なことは3秒で決める!
午堂 登紀雄
アスペクト
売り上げランキング: 107792

嬉しいことに、デキの良し悪しはおいといて、いくつかは実践してました。

成功者と一部でも同じ行動をしているって分かると、妙に嬉しくなりません?
私はいつもなります。

今は、少しずつでもいいから、成功・活躍されている方々との共通項をふやそうとしている毎日です。

読むだけは、ほぼ毎日一冊読んでいるのに、なかなか行動レベルでは変わらない・・・自己採点だから甘めになるはずなのにね(涙


若干散文的なので、まとめてひと言ってのが難しいが、

「自分の頭で考える」

結構してそうで、実はできてませんよね?
(決めつけてスミマセン)

勿論、私もです!


学校では教えてくれませんから、自ら求めた者しか身につけてない。

なので、できないのが普通です。

だからこそ、今の時代には自ら求める必要があるし、それだけの価値がある(ハズ)

本書はそういう示唆に富んだ本でした。


■PickUpPoint

「あれをやりたい」「こうなりたい」という目的やその理由が、日々の忙しさに紛れて希薄になってしまうからです。

なので、紙に書くとか、書いたものを読む必要があると。

それでも、薄れるし、
緊急でない、重要なことへのリソース配分は滞り勝ちになり、
振り返ると・・・ハァ~

というのが、少しずつ減ってきているのは気のせいか、努力の賜物か?
後者であることを願う。


過去の延長線上に未来があるとは限りません。僕たちの中には、意識できない多くの能力や素質が眠っています。(中略)
ですから、「自分で掘り起こせる程度のもの」にこだわらず、興味を抱いたことに徹底的にのめり込んでみるのも良いのではないでしょうか。

「自分で掘り起こせる程度のもの」というフレーズが妙にひっかかるくだりです。

ひょっとして、自己分析って自分という氷山の水面から上の部分だけをせっせと分析しているだけなのかも。

ほんの2割なのにね。

あとの8割はどこにあるんだ~
のめり込むってのが、発掘の一手法なのは間違いないでしょう。


全ての行動には、WHY(理由)とWHAT(目的)と、そこから導かれるHOW(方法)があります。

この切り口、イタダキマス!

普段使いの呪文に追加です。

その行動の
理由は?
その目的は?
それは具体的にどうやるの?

みたいな感じで自問してみよう
手段の目的化が防げそうな予感。

普段から5W1Hは使っていますが、それとは別でね。


青い街路灯を初めて見ました!

移動の電車の窓から、ふと外を見ると、あの電柱の真ん中くらいから斜めに伸びる蛍光灯の街路灯が青く光っていた。

町程度のエリア一帯が青い!

しばらく前に見たテレビで青色には犯罪抑止効果があるとかで、実験的に導入している市町村があると言っていたが、本当にあった。

生で見ると、ブラックライトちっくで、逆にちょっとなまめかしい気がするのは、私がスケベだからか・・・


しばらく電車が進むと、また白の普通の街路灯に

なぜかホッとしてしまった。


青い街路灯の防犯効果が確認されて、日本中の街路灯が青色になったら、
スペースシャトルから見た夜の日本が青味がかるのかなぁ

ちょっと素敵かも

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

Books | 00:57:40 | Trackback(0) | Comments(0)
『ドリルを売るには穴を売れ』読書ノススメ
相手から対価を得られるような、自分(自社)が提供できる”価値”とは?
を改めて考えさせられました。

ドリルを売るには穴を売れ
佐藤 義典
青春出版社
売り上げランキング: 24358

マーケティング入門書として、ストーリー仕立ての部分と解説の部分が交互に織り成す章立て。

タイトルはドリルですが、本編のストーリーはイタリアンレストランの建て直しで、リアリティのあるマーケティング像を描いています。


あなたにとっての売り物はドリルだが、顧客にとっては、ドリル自体ではなくドリルが開ける「穴」に価値があるのだ。

この言葉を忘れず、自分の思考パターンに組み込められれば、かなり仕事のパフォーマンスが向上しそう。


”顧客が求める価値”にフォーカスすることの重要性が全編を通して語られている。

そうすると、モノやサービス自体への固執から開放されるし、
マーケットや競合の捉え方も全く異なってくるし、
差別化へのアプローチも豊富に考えられる

なーんて、簡単にはいかないでしょうが、この視点で物事を捉えようとする努力は続けたいところです。


先ずは、一番身近な”上司”が自分に求める価値とは?
これを上のアプローチで見直すと、随分仕事の仕方が変わってきますよね。

ただ、この場合注意しないといけないのが、”上司が求める価値”の見極めでしょう(笑


本職のマーケッターでなければ、本書の内容を理解して自分の仕事に取り込むだけで、相当なレベルアップが図れると思います。

もう少し突っ込みたければ、著者の『図解 実戦マーケティング戦略』がオススメ。
私のデスク常備書籍の一冊です。


■PickUpPoint

顧客が得る価値(ベネフィット) > 顧客が払う対価
(欲求が満たされること)       (金額、時間、手間などの対価)

この不等号を維持することだと。
この本質を理解した上で、様々な技術を身につけたら良さげ。


上質感でもいいし、ワクワク感でもいいの。なんていうかな、そこに行く、特別な理由がなきゃ、二度目はないわ。

差別化から生み出されるであろう”特別な理由”ってのを生み出せればなぁ
まあ、これが難しいから、できるとこに富が集中するのでしょう。

自分では、意識・無意識にかかわらず”特別な理由”で選択しているはずなのに、自分で”特別な理由”を生み出すのは難しいのはナゼか?



やっぱり読んだら、書かねばね(汗

明日は構築中のシステムのテストで仕事だ(涙

正月気分にドップリ漬かりたい派の私にはツライ・・・

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

Books | 17:07:37 | Trackback(0) | Comments(0)
明けましておめでとうございます!
2009年となりました!

年末は、我が家の愛犬がケガをしてしまい、生活がグチャグチャになってしまいました(涙
犬といっても家族同様なので、夜もウトウトしては起きてで、ヘロヘロ。

大事にはいたらずホッとしたところです。
看病って、何度やっても大変。


昨年2008年は、自分にとってはビックバン!

千葉智之氏の『出逢いの大学』の「講座19 人と出逢う仕組みを作れ」にある
・定期的に
・かならず
・否が応でも

を実行するための例として、紹介されている「Jobweb朝食会」!
これに8月から行くようになってから爆発的に社外の知合いが増加!
(人脈と言っていいのか・・・)

それと著者セミナーにも積極的に参加するようになり、さらに増加!
ほんの少しですが、著者とも知り合えました(嬉


で、2009年は!

人が用意してくれた場に出向くだけじゃなく、
自分が場を提供する側にまわる!

何が待っているのでしょう?
解りませんねぇ~
でも、めちゃくちゃワクワクしています。

それと、後半滞りがちになったブログ更新を毎日の習慣に!
なにがなんでも毎日書く。


この2つは絶対に実現したい2009年の目標


2008年は、自分の目標というか、想像を遥かに上回る出来事の連続でした。

2009年は、それ以上の出来事に出逢えるように、精進してまいります。


最後になってしまいましたが、みなさんの2009年が素敵な年になりますように

テーマ:日記 - ジャンル:日記

Action | 23:50:51 | Trackback(0) | Comments(6)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。