■ワクワークショップ

ワクワークショップVol17バナー

■プロフィール

Author:proclamation
ビジネス書著者を講師に招いたワクワークショップを主催。
Vol.01 横田尚哉氏、Vol.02 小山龍介氏、Vol.03 田島弓子氏、Vol.04 島田昭彦氏、Vol.05 マダム由美子氏、Vol.06 板橋悟氏、Vol.07 齊藤正明氏、Vol.08 阪部哲也氏、Vol.09 川田浩志先生、Vol.10 山口路子氏、Vol.11 マダム由美子氏、Vol.12 手塚美幸氏、Vol.13 横田尚哉氏、Vol.14 Marie&Carol、Vol.15 秋竹朋子、Vol.16 田島弓子氏。

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■FC2ブログランキング

お気に召したら下↓をクリック!

FC2Blog Ranking

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■広告

■Amazonビジネス書籍
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『「Saka's Bar」vol.2 Guest 横田尚哉氏』参加記録
金曜夜は素敵な時間

敬愛する坂田篤史氏が主催されているイベント「Saka's Bar
ゲストは、これまた尊敬してやまない横田尚哉氏。

28歳までに他社からスカウトされる人脈術
坂田 篤史
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 27690


ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ
横田 尚哉
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 82269


10人程度と、少人数でじっくり落ち着いて
会話ができる貴重な場。

誘った友人もいるのですが、結果的に
ハジメマシテと名刺交換したのは、お一人だけ。

おもいっきりホームゲームとなり、終始大はしゃぎ(汗

周り曰く、ずっとニコニコと満面の笑みを浮かべてたとのこと。


改めて横田さんの日本の未来に対する熱さを感じて
俺もこのままじゃイカン!と考えさせられました。

坂田さんも相変わらずの切れ味で、ズバ・ズバッ!
もっと切って~って気になるから不思議(笑

二次会にも参加して、FridayNightを満喫

なんとも嬉しいスリーショット!
スリーショット

こうして見ると、背が一緒くらいなんですよねぇ
でもビジネスマンとしての能力と実績は・・・V字だ(涙


坂田さんのブログ「サカズバ!

横田さんのブログ「何のため、誰のため



お二人に少しでも近づいて、バリューの交換ができる
ビジネスマンへの足掛かり。

自分で主催しているワクワークショップ

このキッカケを作ってくださったのが、このお二人

講師が坂田篤史さんで、受講生として横田尚哉さん
昨年の11月1日のセミナーで知り合いました。

もう半年なのか、まだ半年なのか・・・

差が開く一方ですが、諦めずに頑張り続けます!

次回ワクワークショップはもうすぐ

人脈術をビジネスにまで高めた達人
島田昭彦氏を講師に招いて開催します!

2009年5月25日(月)19:30~22:00
ワクワークショップ Vol.04
島田昭彦氏に学ぶ「一流の挨拶術」




スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

Action | 23:59:50 | Trackback(1) | Comments(2)
『大きなゴミ箱を買いなさい―幸運とチャンスを呼び込む「捨てる」法則』読書ノススメ
捨てるとサッパリ!、いっぱい捨てるとスッキリ!
スッキリ!するのに、大きなゴミ箱を買いましょう

大きなゴミ箱を買いなさい―幸運とチャンスを呼び込む「捨てる」法則
臼井 由妃
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 35936
セミナー後の懇親会でガッツリお話しさせていただいてから、
すっかりファンになっている臼井由妃さんの新刊です。

タイトルがいいですよね。

大きなゴミ箱

人間、なんでもスキマは埋めたくなる性分なようで

”大きな”ゴミ箱があれば、それを埋めるだけのゴミを出す。


大きなゴミ箱は買っていないのですが、
以前から掃除や片付けをするときは、
必ず東京都推奨の45lのゴミ袋を
最初に用意しています。

で、バンバン捨てる。

スキッ!としますよねぇ

なんででしょうね(笑


本書では、モノはもちろんのこと、ヒトやコトも捨てさせます。

モノもヒトもコトもあふれている現在では、
溜め込まない”というのは重要な習慣
だと、改めて思い知らされました。


新しいチャンスや出会いを呼び込むスペースを作ること

心、空間、時間・・・
いつも何かに埋め尽くされていませんか?

最近、家の大掃除をして空間にスペースが少しできた^^)
次は時間割と手帳を使って時間にスペースを作ろうかと。

すると心にもスペースが出来始めるのではないかと?

上手くいきますように^^


この流れで、ちょっと考えたことが・・・

「今の延長線で行動していては結果は変わらない、
行動を変えれば結果は変わる」
って、聞いたり読んだりしますよね。

でも、なかなか意思の力では変えられない。

それは多分、ヒト・モノ・コトっていう
自分を取り巻く環境が変わらないからかと。

ならば、今の自分を取り巻く環境を捨てる。

モノを捨てる

ヒトと別れる

コトを忘れる

何をどれだけ捨てるかってのが難しそうですが、
あの格言を思い出しましょう!

迷ったら捨てる

そうすると、嫌でも現状維持ができなくて、
”変える”のではなく”変わる”かと。

意思の力を必要としないハズ

ただ、”捨てる”行動への意思の力は必要ですね(汗

もう少し仕掛けが必要か・・・

タイムリーに、今週の日経アソシエが同様のテーマです。
久しぶりに立ち読みで済ませず、買っちゃいました^^)




知っていること



できること(できていること)

違いますね~
嫌になるくらい、できていないことが多い。

ただ、これでも自覚できている範囲までで、
無自覚な”できていない”を入れると・・・

ゾッとしますね。

ワクワークショップVol.04の内容を考えていた時に、
一流の人脈術を持つ島田昭彦さんに何を教えて頂くか?

難しいことを一回こっきりのワークショップでやっても
またゼロに戻ってしまう。

基本的で
使用頻度が高く
ワークが活きる

と考えていたら”挨拶術”となりました。

知っているつもりで、自分ができていない
人脈術関連では最有力候補かと。


知らないコト=お金を出して教えてもらう
知っているコト=自分でできるようになる

この等式は正しいのか?
そんな思いを込めた今回の
ワクワークショップです^^)

確かに、こんな地味なテーマのワークショップは
普通やらないなぁと・・・

たた、主催者の自己チューな考えですが、
本ワークショップへの投資に対する

回収の機会

これは相当な頻度で訪れるかと思っています。

ん~
やる側の独りよがりか・・・

ご賛同いただける方は、左の黒のバナーからエントリ~

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

Books | 23:59:58 | Trackback(1) | Comments(2)
『化粧する脳』読書ノススメ
鏡に映る化粧した自分の顔は、自分か?

化粧する脳 (集英社新書 486G)
茂木 健一郎
集英社
売り上げランキング: 1806

オーディオブック販売サイトFeBeなどを運営されている株式会社オトバンクの上田渉社長からご紹介いただいた本です。

しかもかなり前(汗
スミマセン・・・が、まだ書店の新書コーナーでは平積みされているので、勢いは衰えてないです!

茂木さんの豊富な引出しの片鱗をうかがえる内容で、
”化粧”をテーマに結構広めに話しを展開しているな~
って印象でした。

化粧は、大学2回生の夏合宿の出し物?か何かで
女装(首から上だけ!)するのに1回しただけだなぁ
(どうでもいい話しですね)


P30に出てくる「チューリング・テスト
コンピューター(のソフト)が、どれだけ人間に近いコミュニケーションができるかのテストの名称なのですが、この言葉に引っかかった。

皆さん、瀬名秀明という作家をご存じですか?
『パラサイト・イブ』を書いた方で、映画化やゲーム化されたので
ご存じの方も多いかと思います。
パラサイト・イヴ (新潮文庫)
瀬名 秀明
新潮社
売り上げランキング: 75168

その瀬名氏の小説で、こんなのがあります。

デカルトの密室
デカルトの密室
posted with amazlet at 09.05.21
瀬名 秀明
新潮社
売り上げランキング: 306817

第九の日 The Tragedy of Joy
瀬名 秀明
光文社
売り上げランキング: 329985

ちなみに、主人公のロボットの名前が”ケンイチ”と
私の名前と一緒です。

鉄腕アトムのようなロボットが登場する近未来小説で、
この本で「チューリング・テスト」なるものを知りました。

人間(脳)とロボット(人口頭脳)という比較をすると、
逆に人間(脳)をとらえやすくなるようですね。

ウィキペディアの「チューリングテスト」は結構よくまとまっていて
知的好奇心を大いに刺激されますので、ぜひ一読下さい。
(”中国語の部屋”とか面白いです)

PLUTO 7 (ビッグコミックス)
浦沢 直樹
小学館

とか好きな方にはかなりオススメです。


ロボットは好きだが、人間に似すぎると逆に嫌悪感を抱いて
しまうらしいですね。

そんなロボットに出会ったことはないのですが、なんとなく
わかるような気がします。

今、販売されている二足歩行ロボットは、
人間に似せるのではなく、
ロボットに似せていますからね。


と、ここで終ると、この本はロボットについて書かれた本か?
と思われそうですね(汗

もちろん、そんなことはなく、化粧と脳についてです。


来週月曜に開催するワクワークショップVol.04は、”挨拶術”としたのですが、
そうとう地味なタイトルです。

ただ、達人クラスの”人脈術”を普通にセミナーで聴いたとして、
明日から何をするか?

つまり、聴く前と後で、自分の行動の何が変わるか?


私のできが悪いからなのでしょが、あまり何も変えられない(汗

知った理屈を体現するのって結構ハードル高くないですか?

であれば、どこに行っても、仕事でもプライベートでも
人に逢ったら最初に必ずする、

挨拶

まずは、この挨拶から押さえるべきかと思いまして、
一見地味なテーマにしました。


自分の挨拶を客観的にとらえるって難しいし、

初対面で挨拶のしかたを指導(指摘)する、なんて人はめったにいないし、

仲良くなってしまってからは、挨拶が変わるし(ヨォ!ってな感じ)


とまあ、

使用頻度

重要度

改善の難しさ


なんてことを考えると、達人からまず学ぶべきことは

挨拶

との結論に達しました。


それに、人脈術をビジネスにまで高めた講師の島田昭彦さんから
ゴールのイメージも頂こうと。

てっぺんが霞んで見えないくらいズイブン高い山ですが、

でっけーかな~

って見上げる先も必要かと。


なもんで、


ゴール



一歩目

あいだは無し


という構成になりました。

エントリーページは左の黒いバナーです。

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

Books | 23:59:08 | Trackback(0) | Comments(0)
ワクワークショップ Vol.04 島田昭彦氏に学ぶ「一流の挨拶術」 受付開始
なんだ、かんだと第4回!
今月もワクワークショップ開催いたします!

↓エントリーはこちらから!
Vol04banner

講師にはベストセラーとなっている『デキる人は皆やっている 一流の人脈術』の著者、
島田昭彦氏をお招きします。

デキる人は皆やっている 一流の人脈術 (アスカビジネス)
島田 昭彦
明日香出版社
売り上げランキング: 23050


テーマは、「人脈術の第一歩目、挨拶」


あなたは、この一ヶ月で挨拶を交わした人のうち、
何人思い出せるでしょうか?

結構少ないのではないでしょうか。
かく言う、私がそうです(汗

逆に思い出せるのはどんな人でしょうか?

多くが印象的な挨拶をした人のはずですね。


では、自分は印象的な挨拶ができていると思えますか?

ウッ!
と、なった方には、本ワークショップはオススメです。


人脈術をビジネスにまで高めた、島田昭彦講師から
相手に印象を突き刺さす”ツカミ”をみっちりレクチャー
いただけます。


そして、その場で即実践!

講師の胸を借りての「ぶつかり稽古

参加者全員、一人ずつ島田講師に、直前で学んだ”ツカミ”を
盛り込んで挨拶し、その場でアドバイスをしていただけます。

挨拶1分、アドバイス1~2分

このシーンをしっかりビデオに収めます!

後日、個別にご自身のシーンのみネット経由でお届けしますので、
しっかり復習して、挨拶の”ツカミ”のレベルアップが図れます。


その「ぶつかり稽古」の裏(横)で、平行して「乱取り」もします!

まあ、菓子+ドリンク付きの参加者による交流会ですが(笑

学んだ”ツカミ”でさっそく腕試しをして定着させましょう。


学ぶ→試す→記録→反省→改善
盛り沢山なセミナーとなっておりますが、もう一つ。

人脈術をビジネスにまで昇華された島田昭彦講師から

人脈術を極めれば、ここまで辿り着ける!

ビジネスパーソンとしての、一つの到達点をお示しいただき、
ゴールイメージを持っていただけるようにいたします。

─────────────────────────────────────
開催日時 :2009年5月25日(月) 19:30~22:00(19:00開場)

会場    :渋谷 T’sSALON 貸会議室3F-A
        東京都渋谷区渋谷1-6-8 渋谷井上ビル3F
        [アクセスマップ]
        http://www.tsrental.jp/location/salon/map.html

講師    :島田昭彦(しまだあきひこ)

受講料   :5,500円
       (事前の銀行振込となります。振込先はお申込み後の確認メールに記載)

定員    :20名様

内容    :開場                    19:00
        第一部:講演「一流の挨拶術」     19:30~20:50
        第二部:挨拶のマンツーマンレッスン 20:50~21:50
            +そのかたわらで交流会
        完全撤収                  22:10 

─────────────────────────────────────

週初であり、終了時刻が22:00でもあり、
いったん、これにて解散とさせていただきます。


◆【著者プロフィール】
島田 昭彦(しまだ あきひこ)
東山高校、立教大学、日経ホーム出版社「日経トレンディ」、文藝春秋 スポーツ総合誌
「Number」のスポーツジャーナリスト、WOWOWのスポーツプロモーションを経て、
2005年、ヒト、モノ、コト、文化をクリップ(引き合わせ)し、ビジネスを
プロデュース・デザインする総合企画会社、株式会社クリップを設立。

現在は、J-WAVEコメンテーター、雑誌連載、地域再生をテーマにしたビジネスサミット講演、
京都造形芸術大学特別講師など多数のメディアを舞台に活躍。

多数の海外経験と人脈、そしてユニークな発想と感性をベースに、サプライズな
プロデュースを展開中。ラグジュアリーブランド、大手航空会社のブランディング
も手がける。

贈ってウレシイ、贈られて幸せ! アスリート、経営者、文化人への数多くの
手みやげの経験と実績を生かし、「手土産ナビ」のスーパーバイザーも務める。
審査員実績
京都文化ベンチャーコンペティション
ETIC エモーショナルビジネスコンテスト

主な掲載メディア
京都新聞、朝日新聞、日経MJ、PHP THE21、TOKYO FM、J-WAVE、ほか多数。

講演実績
京都商工会議所主催 島田プロデュース塾「プロデュースの最前線」
プレミアムフードショー「これからの食のトレンドについて」
林真理子、池坊美佳、島田昭彦鼎談 「ざっくばらんに、京都の魅力を語ろう」
立教大学、酒田南高校 「スーパースターはなぜ、スーパースターなのか」
徳岡邦夫(嵐山吉兆)、島田昭彦対談 「京都の魅力を、世界へ!」
片山右京、島田昭彦対談 「なぜ、エコ燃料で、パリダカに参戦するのか」

雑誌連載
モノマガジン 「メイド・イン・キョウト」
ランドスケープデザイン 「JET SET DIARY」


こうしてプロフィールを拝見すると、本当にスゴイですね。

北は北海道、南は沖縄まで、本当に日本全国を飛び回り
もちろん、国外へも!

普通では聴けないビジネスネタと、
そうそう受けられない挨拶指導を
ご一緒にいかがですか?

↓エントリーはこちらから!
Vol04banner


テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

Action | 23:59:36 | Trackback(0) | Comments(0)
『仕事頭がよくなるアウトプット勉強法』読書ノススメ
いかにアウトプットから逆算して、効果的に勉強するか

仕事頭がよくなるアウトプット勉強法
増永 寛之
サンマーク出版
売り上げランキング: 1459


たいへん間が空いてしまいましたが(汗

止めてはいません(笑


アウトプット=成果として「出す」

これを前提に勉強すべきであり、
「身につける」勉強はムダ。

との冒頭の言葉。

イタタタ・・・

勉強には、当然、読書やセミナーも含まれるわけで、
そう考えると、イタイお言葉。


性分というか、性格のためか(汗

今の仕事で成果を出すために必要な勉強はする(してきた)

それに対して、将来出したい成果から逆算して、今やるべき勉強は・・・
滞りがち。

正直に言うと”将来”自体がぼやっとしている。

「だからやん」
と言われそうですが(汗

汗だくですね(笑


ただ、個人的には、この”将来出したい成果”
に、大袈裟にいうと悶々としています。

本書には、多くの効果的な”勉強法”が紹介されていますが、
”アウトプット”の方に妙に引っかかってしまいました。


■PickUpPoint
「コンビニジュース集中法」

いやぁこれ素晴しいネーミング!

やることと、やる順番を一旦決めてしまう。
あとは、コンビニのジュースのごとく最前列のやることをやるだけ。
一つやると、次のやることが目の前の最前列にある。

注意が散漫になりがちな、私にはピッタリ。
このイメージは相当活かせます。


「自分の前で、自分に嘘をつかないように努力する」

”影で努力するという言葉はナンセンス”と斬り捨ててるくだりと併せて
自分のスタンスを改めて考えさせられました。

自分と正面から向き合うというのは意外とキツイ


「いい話を日記に書きたい」こう思って仕事をすると、
やがて自然とそれに見合う働きをするようになる

一日終わって、今日を振り返って何かないか?と探すのではなく、
今日はこんなことをして日記に書こうと、一日に挑む。

意識して行動する量が格段に増えるからでしょう。

一日を振り返って、思い出せる量が少ないのは記憶力の問題だけでなく、
仕事も含め、無意識(反射や習慣)で行動しているからかと。

最近、日ごろ心がけているのは、
反射や習慣で発言・行動する量を減らし、
意識して発言・行動する量を増やす。

ま、難しくて出来ている気がしないのですが、
これがその助けになるかと。



大事にならなかったのですが、GW前に
身内が交通事故にあいまして、
バタバタしている間に、あっという間に
2週間が過ぎてしまいました。

このまま月イチのワクワークショップは流れるのでは?

と、危惧してしまいましたが、ここは踏ん張ります。


今、エントリーページを準備していますが、
ワクワークショップVol.04
5/25(月)PM7:00~10:00
講師は、「デキる人は皆やっている 一流の人脈術」
の著者である島田昭彦氏です。

デキる人は皆やっている 一流の人脈術 (アスカビジネス)
島田 昭彦
明日香出版社
売り上げランキング: 95916


テーマはもちろん人脈術です。

前半は、講和
後半は、島田さんとの挨拶の個別レッスン
(ビデオに撮って、その人の部分だけ後日送付)
残りの人で、交流会(菓子+ソフトドリンク)

こんな感じのを少人数でやります。

エントリーページができたら改めて告知します。

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

Books | 23:59:48 | Trackback(0) | Comments(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。