■ワクワークショップ

ワクワークショップVol17バナー

■プロフィール

proclamation

Author:proclamation
ビジネス書著者を講師に招いたワクワークショップを主催。
Vol.01 横田尚哉氏、Vol.02 小山龍介氏、Vol.03 田島弓子氏、Vol.04 島田昭彦氏、Vol.05 マダム由美子氏、Vol.06 板橋悟氏、Vol.07 齊藤正明氏、Vol.08 阪部哲也氏、Vol.09 川田浩志先生、Vol.10 山口路子氏、Vol.11 マダム由美子氏、Vol.12 手塚美幸氏、Vol.13 横田尚哉氏、Vol.14 Marie&Carol、Vol.15 秋竹朋子、Vol.16 田島弓子氏。

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■FC2ブログランキング

お気に召したら下↓をクリック!

FC2Blog Ranking

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■広告

■Amazonビジネス書籍
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『「売れ顔」の法則』読書ノススメ & 嶋ひろゆき氏in Jobweb朝食会
著書を読み、著者と話す
本好きにはたまらない贅沢

「売れ顔」の法則―ならべれば売れるヒット商品のつくり方
嶋 ひろゆき
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 11466



今週のJobweb朝食会は著者の嶋ひろゆき氏でした。

著書のエッセンスを取り出して解かりやすく解説いただいたので、ほぼそれをそのまま引用してしまいましょう。


なにはともあれ、「売れ顔の法則」

・ウリが伝わる「顔」
・ライバルに勝つ「ウリ」を一言で!
・ウリが実感できる「効き」


朝食会ではこれを忘れないようにするスローガン?の唱和?がありました。
朝から大きな声を出すって気持ちいいですね。

か う き←これで「か・う・き・」
お り き

「か・う・き・」をポーズ付きで叫ぶ!
当分忘れません。


次は「ヒットの7ステップ」

1.知る     広告・口コミ
2.気づく    営業
3.手に取る   ウリを伝える「顔」
4.理解する   ライバルに勝つ「ウリ」
5.買う
6.実感     ウリを実感できる「効き」
7、リピート


購買で重要な3~6を「売れ顔の法則」がカバーしている!


本書では直接記載していませんが、自分ブランディングへの応用を披露してくれました。

手順

 1、ライバルに勝つひと言の「ウリ」を作る

 2.ウリが伝わる「顔」を作る

 3.ウリが実感できる「効き」を作る


「売れ顔の法則」はお客が感じる順に並べているが、考える時は最重要の「ウリ」から。


ポイント

 おばさんや小学生が15秒で理解できるくらい

 ライバルと1個だけ違いがあればいい



自分をたったひと言で言い表すことってできます?

私はまだできないな~


ウリを作る3つの秘密兵器

”秘密”というくらいなので、秘密にしておきましょう~


現役カリスマ・マーケッターという触れ込みですが、非常にほがらかな方で接しやすい方でした。


本書で気になったくだりを幾つか


■PickUpPoint

ただ漠然と「おいしい」といわれても、想像できない。その人によって「想像するおいしい」がバラバラなのです。(中略)

曖昧ではない状態までおいしさという言葉の定義を分解することがコツです。


「効き」の章でのくだりですが、「ウリ」を考えるときの重要なヒントになりますね。

それと、曖昧でないということは、言葉を媒体にしていても自分のイメージと相手が浮かべるイメージが一致するということで、”期待値”をコントロールしやすいんじゃないかな~などと考えてしまいました。


あなたの商品のウリはライバル+αでいえますか?


早くαを見つけるか、作るかしないとね。


ブランド化とは「顔」に「ウリ」や「効き」が貯まることです。


おーーっ!
って感じでしょう。

詳しい解説は本を読んでね。

 


 

火曜の夜は、前回記事の石井裕之氏のセミナーに行ってきました。

『石井裕之 アンプラグド ~遺書~』

東京国際フォーラムAホールが満タンの5000人!

彼がこのようなセミナーをするのはこれが最後とのことで、それで「遺書」。

初めて行ったのですが、最後になってしまいました。


伝えたいことは2つ

そのままの自分でいいんだよ、という論調に惑わされてはいけない

自分が自分に一番期待して、がんばるべき。


「正直さ」

自分の問題点/悪い面を見なければならない


この2つは表と裏の関係で、両方バランスよくする必要がある、


これに関連して色々ウ~ムという話がいくつもありました。


全く飾りッ気のないステージで、たった一人で2時間しゃべり続けてました。

5000人を前にして話すってどんな気分なのでしょうね。

スポンサーサイト


テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

Books | 23:59:59 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
なるほど。。。いいまとめですね。

LANCEROTさん、ブランドはっきりあると思いますよ~。

本人きづいてないだけですよ・・・今まで生きてきた中、行動してきた中に、
個性があるんですよ。
先をみないと成長はないが、過去があるから、先があるんですよね。

石井裕之さんの話、ちょうど、今日、日本実業出版社の方とお話してるときに話題になったので・・・なんだかシンクロしますねぇ・・・また、教えてください。
2008-10-15 水 17:26:56 | URL | みさ吉 [編集]
コメントありがとうございます
みさ吉さんに、そう言って頂けると励みになります。

早く自分で個性みつけて磨きをかけます!


石井裕之さんのは単独で記事にして、もう少し聞いた話しを載せたかったし、それぞれにコメント入れたかったのですが、火曜日分でまとめてしまいました。

先日の福島正伸氏のセミナーを主催されたFeel-Alive 山本舵依介氏も参加されていたようですね。

「がんばれ~」ってメール来ましたから。
(相変わらずアツイ方です)

5000人って数字だけで、すでにそれが”場”みないなのを形成して、意味を持ってしまうような感覚を受けました。

それを1人で受け止めきれる石井裕之氏が、輪をかけてスゴイ!

”スゴイ!”を要素分解してみるかな。


コメントへのレスが異常に長い・・・

石井裕之氏の~遺言~が消化不良だからだな。
失礼しました。
2008-10-16 木 00:25:13 | URL | LANCEROT [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。