■ワクワークショップ

ワクワークショップVol17バナー

■プロフィール

proclamation

Author:proclamation
ビジネス書著者を講師に招いたワクワークショップを主催。
Vol.01 横田尚哉氏、Vol.02 小山龍介氏、Vol.03 田島弓子氏、Vol.04 島田昭彦氏、Vol.05 マダム由美子氏、Vol.06 板橋悟氏、Vol.07 齊藤正明氏、Vol.08 阪部哲也氏、Vol.09 川田浩志先生、Vol.10 山口路子氏、Vol.11 マダム由美子氏、Vol.12 手塚美幸氏、Vol.13 横田尚哉氏、Vol.14 Marie&Carol、Vol.15 秋竹朋子、Vol.16 田島弓子氏。

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■FC2ブログランキング

お気に召したら下↓をクリック!

FC2Blog Ranking

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■広告

■Amazonビジネス書籍
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『「バカウケ」キャッチフレーズで、仕事が10倍うまくいく 』読書ノススメ
あなたには自分をひと言で表わせるキャッチフレーズはありますか?
私にはまだない・・・

「バカウケ」キャッチフレーズで、仕事が10倍うまくいく (Dream skill club)
中山 マコト
学習研究社
売り上げランキング: 2023


著者の『「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本』を読んだ時に、面白いことを書く人だな~と感じて、著者のメルマガ「キキダス・マーケティング」を購読するようになって随分たちます。

ただ、自分にはキャッチコピーをつけるような仕事がないので、感心しただけで終わっていたのですが、本書は自分につける「キャッチフレーズ」作りの指南書であり、まさに今の私が欲していた本。

期待を上回る「ナルホド」が連発する本でした。


流れはこんな感じ

「キャッチフレーズ」の必要性

「キャッチフレーズ」で実際に人生が激変した方々の紹介

「キャッチフレーズ」の効能について「6つのチカラ」解説(ここが一番!)
 1.ターゲティングのチカラ
 2.出会うチカラ
 3.ガイドラインを作るチカラ
 4.遠ざけるチカラ
 5.物語のチカラ
 6.クレドのチカラ

「キャッチフレーズ」の作り方+注意点+コツ


「キャッチフレーズ」作りを1冊に上手くまとめてくれていますので、自力でそこそこまではいけるようになっています。

もちろん、普段の仕事や生活でどれだけ言葉(語彙)を仕入れているか?とか、言葉を意識してどれだけ使い込んでいるか?などなど、個々人でかなりのバラつきはあるでしょう。

それと、この本は読む本ではなく、やる本なので、指南通りに作業(キャッチフレーズ作り)を作らなければ、大袈裟にいうと読んだ意味がない。

まだ本格的に取り組んでませんが、軽くやっただけでかなり骨が折れます。
年内には本書で書かれている通りの作業をする計画です。

出来上がったら個人名刺のツラが変わるだろうな~


■PickUpPoint

キャッチフレーズは羅針盤です(中略)
困った時、迷った時、「ここから出ちゃいけないよ!」と教えてくれるのもキャッチフレーズだし、前に進む時、「これを信じて進みなさい!」と背中を押してくれるのもまたキャッチフレーズです。

「6つのチカラ」のガイドラインとクレドを足して表現変えたようなくだりですが、気に入ってます。、

一人の人間がやれることなんてたかがしれていると言われますが、それなら自分がやれる程度のことは”ひと言”で表わせられて当然なんだろうな~

その”ひと言”(キャッチフレーズ)と心中できるような言葉を作れたら、スッキリした人生を送れそうだ。


キャッチフレーズというのは、「埋もれないために装備する武器」です。(中略)
だから、「耳慣れない言葉」を使いましょう。
もちろん造語でOKです。(中略)

あなたが作ったキャッチフレーズが、もし「世界で自分だけが使う言葉」になっていないのなら、今から再チャレンジしてください。

少なくとも、Googleに引っかからない言葉でないとダメなんでしょうね。
もしくは、殆どなくてすぐに占拠できる言葉。

”地頭力”って、細谷氏の著書で一躍有名になりましたね。
全くの0件だったわけではないのですが、現時点では細谷氏の代名詞になってます。
(セミナーで聞いた話。発売前からGoogleのヒット数変化を記録されていた!)

こんなのもありですね。


良くある間違いの筆頭はやはりコレ。
「資格名」をそのまま書いてしまう!です。(中略)
どうすれば埋もれないで済むのか?
そのコツが、「どんな?」を明示する事です。(中略)

「あなたのお客さんを連れて行く先」です。
そう、あなたがあなたの持っている資格を使って、相手の方をどこへ導いて行けるのか?

「あなたのお客さんを連れて行く先」がイケてる!
ただ前振りが必要かと思い長い引用になりました(それでも解りにくいか・・・)

この”連れて行く先”ってフレーズが言葉のイメージを膨らませてくれます。

”自分が相手に提供できる価値”とかだとイメージが広がらないですよね。
この本の中でも白眉なフレーズです。



試験疲れがぬけず、毎日更新に戻せない・・・

一旦乱れたペースを元に戻すのは、なんにつけ大変ですね。

時間割を作り直して習慣を取り戻そうっと。


昨日の金曜夜は、初めてこだわり社長のオフ会に参加しました、

やはりアツイ人にはアツイ人達が集う!

楽しい2時間+二次会+デアイ
スポンサーサイト


テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

Books | 20:19:17 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
早く、ペースを戻されこのブログが盛り上がる事を期待しています。
2008-10-25 土 20:50:28 | URL | ビジネス書ナビゲーター [編集]
耳が痛い・・・
ペースつかみます!
しばしお待ちを!
2008-10-25 土 20:55:46 | URL | LANCEROT [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。