■ワクワークショップ

ワクワークショップVol17バナー

■プロフィール

proclamation

Author:proclamation
ビジネス書著者を講師に招いたワクワークショップを主催。
Vol.01 横田尚哉氏、Vol.02 小山龍介氏、Vol.03 田島弓子氏、Vol.04 島田昭彦氏、Vol.05 マダム由美子氏、Vol.06 板橋悟氏、Vol.07 齊藤正明氏、Vol.08 阪部哲也氏、Vol.09 川田浩志先生、Vol.10 山口路子氏、Vol.11 マダム由美子氏、Vol.12 手塚美幸氏、Vol.13 横田尚哉氏、Vol.14 Marie&Carol、Vol.15 秋竹朋子、Vol.16 田島弓子氏。

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■FC2ブログランキング

お気に召したら下↓をクリック!

FC2Blog Ranking

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■広告

■Amazonビジネス書籍
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『「聞くが価値」vol.04 with 横田尚哉氏・石川和幸氏・干場弓子氏』受講記録
11月22日(土)14:00~24:00の10時間
チョー贅沢な時間を過ごしてきました!

【ビジネス書評】鹿田尚樹の「読むが価値!」【ビジネスブック・ミシュラン】の鹿田尚樹氏主催の「聞くが価値」vol.04&懇親会&二次会で10時間。

講演一人目は横田尚哉

ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ
横田 尚哉
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 1887

11月1日の坂田篤史氏講演の時に横に座り、色々話しをさせていただいたとき以来で、待ちに待ったこの日!でした。


講演二人目は石川和幸

思考のボトルネックを解除しよう!
石川 和幸
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 407

プロフィールを読んでいたら、石川さんが渡り歩いている会社の一つが自分とカブっており、それだけで気になる存在&会う前から親近感。


講演三人目は干場弓子

ディスカヴァー・トゥエンティワン取締役社長
ディスカヴァー社長室ブログ

講演されたお二人の出版社の社長さんで、存在は知っていましたが、実際に拝見するのは初めてでした・・・迫力!


講演1 講師:横田尚哉氏

以下の3章立てとなっておりました。

・ファンクショナルアプローチとは
・<実践編>ファンクショナルアプローチで「出版」を実現する
・横田流「自分ブランド」の考え方・つくり方


ファンクションを見つける2つの質問

「それは何のため?」
「それは誰のため?」

この答えが“必要”なもの(ファンクション)
答えに上がらなかったものは“不要”

次に、“必要”なものを実現するための「手段」を考える。

このアプローチをとると、飛躍的に「手段」の幅が広がります。
著書を読んだ時から実際に使ってみた感想です。

今回のセミナーでより理解を深めたので、さらに多用していきます。

何かコトにのぞむときには、先ずこの2つの質問をしてみて下さい、破壊力抜群ですから!


ちなみに、ファンクションは「名詞+他動詞」で表します。

「~(名詞)~を~(他動詞)~する」
名詞は具体的に、他動詞は抽象的に。


本当は、最初に“機能(ファンクション)”についてきっちり書かないといけないのですが、長くなるので省略しました。

気になる方は、ぜひ著書をお買い上げ下さい!


「過去の再現化」と「未来の具現化」

これはお初でしたが、キマシタ!

これはキテます!が、図がないと厳しい・・・
なので、参加者限りということで。


最後に、
「ベッキー&タッキー できちゃった」

スライドで、最初にこの文字だけだった時は、一体何が始まるんだ?
という感じでしたが、さすが横田さん!

やるべきこと(他人の要求)
したきこと(自分の願望)
できること

ベン図でいうと、これらが重なる部分で成果がだせる。

そして成果を増やすには・・・

ご想像通り、重なりが広がるようにしていくこと。


ここに書いたことも書いてないこともしっかり活かして、たえず今より「ワンランク上」を目指します。



講演2 講師:石川和幸氏

ハッとさせられたのが「選択のボトルネック」

石川さんはボトルネックをコンサルらしく3つに定義しています。

知識のボトルネック(情報・手法・技能)
選択のボトルネック(認識・選択・前提)
生/活力のボトルネック(健康・習慣・好奇心)


いくら“情報”を知り、“手法”を学び、“技能”を磨いて現状を改善しようとしても、“ボトルネック“が「知識」ではなく「選択」にあったら・・・効果がでない。

“選択”の解かり易い例は「会社」でしょうか。

選択した会社がボトルネックになっているなら、選択しなおさなければなりませんね。
(安易に判断できませんが)


“認識”と“前提” も非常に重要な要素です。
が、ここでは省略。

著書の『第7章「選択」というボトルネック』をぜひご一読下さい。
P210~250の40ページにこの本の価値の殆どが詰まっています。


飄々とした語り口で、聴衆を不思議な世界に引き込みます。

いつの間にやら”石川ワールド”へ



講演3 講師:干場弓子氏

どこまでここに書いていいのか悩む内容でした。

多分、書いちゃマズイでしょう・・・なので書きません。

でもひと言だけ
「本を書くための10倍本業に努めて下さい」


“思い”の強い方だな
というのが印象。


挨拶だけで終わりそうなので、今回は名刺交換せず。

干場さん、素晴らしい講話ありがとうございました!




そして舞台は懇親会へ・・・

セミナーとは全く趣きが異なるが、とんでもないバリューのある時間。

著者の方とは勿論、味のある参加者同士の語らいも。

鹿田さんには足を向けて寝れません。
ありがとうございました!
スポンサーサイト


テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

Action | 04:07:29 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
濃い時間でした☆
懇親会ではあまりお話できませんでしたが、またいろいろと熱く語りましょう!!
2008-11-24 月 12:28:06 | URL | Master [編集]
コメントありがとうございます!
Masterさん
ありがとうございました!

懇親会では時間とれずに残念でした。
パワーランチでリカバリーさせて下さい!
2008-11-24 月 18:34:39 | URL | LANCEROT [編集]
有難うございました。
たえず今より「ワンランク上」を目指します。

これこれ。
これがとても大切なのです。
あきらめたら、そこでとまります。

こうして、参加者からの感想から、私も勉強になります。
有難うございました。
2008-12-04 木 09:34:07 | URL | 横田尚哉 [編集]
コメントありがとうございます!
とんでもなく勉強になるセミナーでした!

自分ではかなり実践で活用しているつもりです。
「それは何のため?」
「それは誰のため?」
そろそろ口癖になりそうです。

次回お会いするときはワンランクUPした姿をお見せします!
2008-12-04 木 09:41:41 | URL | LANCEROT [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。