■ワクワークショップ

ワクワークショップVol17バナー

■プロフィール

proclamation

Author:proclamation
ビジネス書著者を講師に招いたワクワークショップを主催。
Vol.01 横田尚哉氏、Vol.02 小山龍介氏、Vol.03 田島弓子氏、Vol.04 島田昭彦氏、Vol.05 マダム由美子氏、Vol.06 板橋悟氏、Vol.07 齊藤正明氏、Vol.08 阪部哲也氏、Vol.09 川田浩志先生、Vol.10 山口路子氏、Vol.11 マダム由美子氏、Vol.12 手塚美幸氏、Vol.13 横田尚哉氏、Vol.14 Marie&Carol、Vol.15 秋竹朋子、Vol.16 田島弓子氏。

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■FC2ブログランキング

お気に召したら下↓をクリック!

FC2Blog Ranking

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■広告

■Amazonビジネス書籍
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『最短で結果が出る超仕事術』読書ノススメ
術であれば再現性があって、訓練によって身につけられるはず
効率的な仕事術を効率よく身につけたいと思うのは欲張りすぎか…

最短で結果が出る超仕事術 (講談社BIZ)
荘司 雅彦
講談社
売り上げランキング: 14975


東大卒→長銀→野村投信→弁護士とかなり変わった経歴の持ち主で、主に成果を上げた弁護士時代に取り組んだ仕事の効率化について書かれてます。

PickUpPoint
①スピード重視(きっと他の会社に行くとここみたいにノンビリしてないんだろうなぁ~)
②書類(本・雑誌等も含む)はコアな1割を読むだけでよい(レバレッジ・リーディング的)
③「自分でやる仕事」と「人に任せる仕事」をきっちり分ける(人に任せる時に”仕組み化”できてると最大効果を得られるな)

あと、ちょっと引っ掛かった点。
①仕事に「パレートの法則」は当てはまらない(2割の仕事”のみ”で8割の成果なんて「いいとこ取り」はできなくて、2割と8割は一体不可分なものであり、8割の土台の上に2割が乗っているのだ…この書き方だと誤解されるかな…この本読んで下さい)
②困難な仕事をするためにまとまった時間は必要ない(着手さえしてしまえば後はなんとかなるし、途中で中断しても構わないと思って”とにかく始める”癖をつけよう~これがナカナカ難しい…)
③「私は仕事ができるのですよ」というシグナルを発信し続けるべき。服装、顔(40歳を過ぎると人格が顔に出る…あと半年だ…)、声(ヴォイストレーニングしなきゃダメかな…声が高いんだよな~)それにマナーなど、前提として備えるべき要件を満たしておくこと。
スポンサーサイト


テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

Books | 22:26:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。