■ワクワークショップ

ワクワークショップVol17バナー

■プロフィール

proclamation

Author:proclamation
ビジネス書著者を講師に招いたワクワークショップを主催。
Vol.01 横田尚哉氏、Vol.02 小山龍介氏、Vol.03 田島弓子氏、Vol.04 島田昭彦氏、Vol.05 マダム由美子氏、Vol.06 板橋悟氏、Vol.07 齊藤正明氏、Vol.08 阪部哲也氏、Vol.09 川田浩志先生、Vol.10 山口路子氏、Vol.11 マダム由美子氏、Vol.12 手塚美幸氏、Vol.13 横田尚哉氏、Vol.14 Marie&Carol、Vol.15 秋竹朋子、Vol.16 田島弓子氏。

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■FC2ブログランキング

お気に召したら下↓をクリック!

FC2Blog Ranking

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■広告

■Amazonビジネス書籍
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『聞くが価値』vol.05 with 丸山純孝氏・藤井孝一氏・鹿田尚樹氏 &「読書パーティー」参加記録
前回参加したvol.04に続いての参加。

今回のテーマ
「メルマガ」と「ブログ」から始める自分価値を高める秘訣
 ~わらしべ長者的、一般人が出版する方法~

講演1の講師は人気メルマガ発信者であり企業家の丸山純孝

いつも目標達成している人の読書術 (アスカビジネス)
丸山 純孝
明日香出版社
売り上げランキング: 6789

1.メルマガ(ブログ)をはじめるきっかけ
2.最初に自分にコンテンツを持っていない場合にどうするか
3.スキルよりもノウハウよりも大事なもの
4.出版実現への思ってもみない流れとは
5.ブログ(メルマガ)を人気化させるためには

どれも実用的な内容で、これか一つでも多く自分の中に取り込んで実践していかなければなりません。

特に、2の自分のコンテンツを持っていない場合(私!)の対処は非常に参考になりました。

メインのメルマガ・ブログは、「ネット世界」の話しなのですが、その先の出版やビジネスについては「リアル世界」、具体的には人脈によるチャンスの獲得であり、発展というのが印象的。

最後のまとめで出た質問
「ブログ・メルマガは過程であり、やった結果、何をしたいのか?何になりたいのか?」

答えられそうで、答えられない自分がいました・・・

皆さんは、今、自分が何かしていることに、この質問をされて答えられますか?

手段の目的化は、音もなく、足を忍ばせてやってきますね。

そんなときはこの呪文!
「これは何のため?」
「これは誰のため?」


講演2の講師は主催者であり、人気書評ブログ『読むが価値!』鹿田尚樹

1.書評家の戦略:No.1書評家になるための100の方法(内25個)
2.アクセスアップを実現している人の共通点(オススメツールのご紹介も)
3.鹿田の「わらしべ長者」物語

グサグサと突き刺さるお言葉の連続で、正直ガックリ↓でした(涙

書評のみにとらわれない汎用性の高いのを幾つか。

書を語るな、体験を語れ

いきなり書評向けですが・・・普段でも他人の言葉ではなく、自分の言葉(体験を通して獲得した言葉)を使えるようになること。
一人称でどれだけ語れるか。


少ししかなせないのは、少ししか挑戦していないから

私だけにとどまらず、皆さんにも耳に痛い言葉ではないでしょうか。


自分のフィルター(偏見)で書く
自分の偏見を言葉に留めておく

自分をどのように認知してもらうかは、どのような言葉を発信しているかが重要な要素の一つになる。

キャッチコピーも重要だが、発信している言葉の集合体も非常に重要。

他人と差別化し、オリジナリティを発揮できる言葉の蓄積は急務だ!
具体的にどうするか・・・


講演3の講師はスペシャルゲストの藤井孝一

投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術
藤井 孝一
日本実業出版社
売り上げランキング: 8883

藤井さんが主催されているビジネス選書セミナーには何度も足を運んでおり、本田直之氏の「レバレッジ人脈術」の会では、本当にかけがえのない仲間に巡り合えたりと、大変お世話になっている方です。

一番印象に残っているのは、メルマガといった手段をはっきりとビジネスという視点で捉えている点。

えてして自己満足やパーソナルブランディングの足がかりで終始してしまう手段を、その先のビジネスにまで発展させ、継続されている手腕は見事!


奇しくも、丸山氏の問いかけの答えの一つがここに提示された訳です。

その先に、手段そのものをビジネスとする。

メルマガが“実弾”という表現をされていましたが、その一端かと。



場所を変えてのクローズドな「読書パーティー」

“クローズド”って言葉って、ありがた感ありますよね。
そこに参加している自分にも、ありがたさを感じてしまうのはいけないことでしょうか?


タイトルと内容にいい意味でギャップがあります。

100名規模のパーティーで、ビジネス本著者だけで30名近くの方が参加されるという、読書家には夢のような時間でした。

その他、出版社の方々、大勢の書評ブロガー(私もその一人)


こんなことって現実にあるの!?
で、そこの僕がいるの!?

あったんです!
そこにいたんです!

生きてて良かった~とシミジミ


そうそう、読書家にとっての著者って、そこらの芸能人よりはるかにありがたい存在。

想像してごらん。

30人も憧れの芸能人がいるパーティーに自分がいる場面を!

もうタマランでしょう!
そんな感じです(笑


と、これまでなら憧れの芸能人に会えたように、舞い上がってそれで終わりなのですが、今回は具体的な目的があったので、しっかり著者の方々と話しができました。

何を話していたかは、いずれまた。


このような機会を下さった、鹿田尚樹氏に感
スポンサーサイト


テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

Action | 23:59:41 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
土曜日はお疲れ様でした。
いろいろとお話させていただき、どうもありがとうございました。
今後のご活躍、お祈りしております!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2008-12-08 月 12:57:07 | URL | 小川晶子 [編集]
こちらこそ、ありがとうございました!
コメント嬉しいです!
本当に素敵な時間でしたね。

小川さんのご活躍を祈念しております!
2008-12-08 月 19:07:58 | URL | LANCEROT [編集]
いつもセミナー、Partyではお世話になっております!!

読書Party、振り返ってみると、自分はぜんぜん著者の方とお話しておりませんでした・・・。

もったいない・・・。
2008-12-08 月 21:32:07 | URL | Master [編集]
いつもお世話になってます!
エーーッ!!
著者とぜんぜん話していなぃ!?

も・・モッタイナイ!

でも、らしくていいです(笑
2008-12-08 月 23:21:33 | URL | LANCEROT [編集]
先日はありがとうございます
先日は名刺交換をしていただきありがとうございます。

確か講演の時は前の席でマインドマップを書かれていたのを覚えております。

書評ブロガーにとっては至福の講演+パーティーでしたね。

また会える日を楽しみにしております。ありがとうございました。
2008-12-09 火 01:13:47 | URL | 蔵前@蔵前トラックⅡ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。