■ワクワークショップ

ワクワークショップVol17バナー

■プロフィール

proclamation

Author:proclamation
ビジネス書著者を講師に招いたワクワークショップを主催。
Vol.01 横田尚哉氏、Vol.02 小山龍介氏、Vol.03 田島弓子氏、Vol.04 島田昭彦氏、Vol.05 マダム由美子氏、Vol.06 板橋悟氏、Vol.07 齊藤正明氏、Vol.08 阪部哲也氏、Vol.09 川田浩志先生、Vol.10 山口路子氏、Vol.11 マダム由美子氏、Vol.12 手塚美幸氏、Vol.13 横田尚哉氏、Vol.14 Marie&Carol、Vol.15 秋竹朋子、Vol.16 田島弓子氏。

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■FC2ブログランキング

お気に召したら下↓をクリック!

FC2Blog Ranking

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■広告

■Amazonビジネス書籍
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『のぼうの城』読書ノススメ
手に取ったのが運のつき・・・
ノンストップで読み続けてしまった(涙

のぼうの城
のぼうの城
posted with amazlet at 09.02.12
和田 竜
小学館
売り上げランキング: 1259


今回はビジネス書じゃぁないです。

セミナー主催を頑張ったご褒美にと、
やることいっぱいあるのに、読んじゃった。
しかも、ビジネス書じゃないから読むのに時間がかかった(汗


最近書かれている歴史小説・時代小説って、説教臭くて全然読む気になたなかったんですが、久々にハマれそうな予感がする小説の出現。

で、ご褒美にとっておきました(笑

昨年出版され、20万部を超えているのですでに読んだ方もいるでしょう。

戦国時代、豊臣秀吉の小田原攻めのスピンオフ的な位置づけでしょうかね。

どんな内容かはあっちこっちに書かれているので割愛
手抜きではありません(笑


キモチイイ!
チョーキモチイイ!

読後はそんな感じ(笑


”かっぱえびせん”のごとく、ヤメラレナイ・トマナライ
この読ませ方は、隆 慶一郎氏以来じゃないかなぁ

隆 慶一郎氏は残念ながらすでにお亡くなりになっており、
新刊は出ないのですが、著書はいずれも抜群のデキ。

もし、若い方で本書を気に入ったなら、隆 慶一郎氏を読むベシ!

間違いなく、全部読んでしまいます。


実は結構マンガ化されています。

画:原 哲夫(北斗の拳とか描いてる人、知ってるか)
作:隆 慶一郎

『花の慶次』(原作書名は『一夢庵風流記』)

『影武者徳川家康』(原作も同名)


特に、『影武者徳川家康』はスケールの大きさもあいまって、抜群のデキ。
上・中・下の3巻構成だが、読み始めたらヤメラレナイ・トマナライ


自分の男としての器量を問わずにはおれなくさせる作品群です。

潔くなろうぜ!
スポンサーサイト


テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

Books | 04:39:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。