■ワクワークショップ

ワクワークショップVol17バナー

■プロフィール

proclamation

Author:proclamation
ビジネス書著者を講師に招いたワクワークショップを主催。
Vol.01 横田尚哉氏、Vol.02 小山龍介氏、Vol.03 田島弓子氏、Vol.04 島田昭彦氏、Vol.05 マダム由美子氏、Vol.06 板橋悟氏、Vol.07 齊藤正明氏、Vol.08 阪部哲也氏、Vol.09 川田浩志先生、Vol.10 山口路子氏、Vol.11 マダム由美子氏、Vol.12 手塚美幸氏、Vol.13 横田尚哉氏、Vol.14 Marie&Carol、Vol.15 秋竹朋子、Vol.16 田島弓子氏。

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■FC2ブログランキング

お気に召したら下↓をクリック!

FC2Blog Ranking

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■広告

■Amazonビジネス書籍
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『儲けを生みだす表現力の魔法―感動は設計できる』読書ノススメ
伝えることと伝わることの違いが実感できるか…
伝わることをコントロールできれば俺ってスゴイ!って感じか

儲けを生みだす表現力の魔法―感動は設計できる
平野 秀典
かんき出版
売り上げランキング: 11210


「感動は設計できる」かな~
自分自身の感動経験の絶対量が不足してるかな
おまけに感情の老化も進んでるし、こりゃマスターするのは難しい

PickUpPoint
①提供すべき感情のレベルは、怒り<不満<満足<感動<感激<感謝・熱狂 (期待と実感の相対値、設計するときは期待と実感のさじ加減)
②伝わらなければ、どんないい演技も、それは相手にとって存在しない (”いい演技”は何にでも入れ替えられるし、相手がいる時はいつも頭の中で反芻すべきだいじな言葉だ)
③山崎氏の文章表現力の極意”カンカラコモデケア” 
”カン”:感動
”カラ”:カラフル
”コ”:今日性
”モ”:物語性
”デ”:データ
”ケ”:決意
”ア”:明るさ
(これは本当に参考になった。これから書くときのチェックポイントにそのまま使える。毎回全てクリアできるには、しばし時間が必要だが)
④医学者エミール・クーエが発見した法則
・意思と想像力が争えば必ず想像力が勝つ
・意思と想像力が一致すればその力は足し算ではなく掛け算である
・想像力は誘導が可能である
(創造力が生み出すのはイメージ・ビジョン。想像力を逞しくする方法は別の本からだな)

盛りだくさんだったが、PickUpPointを抜き出すのが難しい本だった。
読み込みが甘いのか、読んでる時はワクワクするが読後にしっかり残るものが実はないのか…
また間を置いて読んでみるか
スポンサーサイト


テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

Books | 12:00:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。