■ワクワークショップ

ワクワークショップVol17バナー

■プロフィール

proclamation

Author:proclamation
ビジネス書著者を講師に招いたワクワークショップを主催。
Vol.01 横田尚哉氏、Vol.02 小山龍介氏、Vol.03 田島弓子氏、Vol.04 島田昭彦氏、Vol.05 マダム由美子氏、Vol.06 板橋悟氏、Vol.07 齊藤正明氏、Vol.08 阪部哲也氏、Vol.09 川田浩志先生、Vol.10 山口路子氏、Vol.11 マダム由美子氏、Vol.12 手塚美幸氏、Vol.13 横田尚哉氏、Vol.14 Marie&Carol、Vol.15 秋竹朋子、Vol.16 田島弓子氏。

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■FC2ブログランキング

お気に召したら下↓をクリック!

FC2Blog Ranking

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■広告

■Amazonビジネス書籍
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『「先読み力」で人を動かす』読書ノススメ
”先読み力”を起こりうる問題(出来事)を推測する力、”プロアクティブ”を推測をもとに1歩先に行動すること、と定義して、認知(先読み≒仮説)→タスク化→実行(プロアクティブ)→結果検証のプロセスを回しましょう。これはやればやるほど精度が上がりデキル人になれる。その次がリーダーとして同じ要領でデキルチーム作りをしましょう。
”後手に回る”と忙しいわ成果出ないわでデキナイ人になってしまう。

「先読み力」で人を動かす ~リーダーのためのプロアクティブ・マネジメント~
村中 剛志
日本実業出版社
売り上げランキング: 74

著者はIBMビジネスコンサルティングサービス金融事業本部の三十台半ばのプロジェクトマネージャ。
IBMで優秀な人は若くしてここまで出来る(仕事も出版も)って見せつけられた感がありました。

PickUpPoint
①先手で行動すると自分の時間をコントロールできるので”緊急でない重要な仕事”を行えるようになる (これが出来ると差が出る”緊急でない重要な仕事”をこなすための一つの解でしょう)
②ノートを取る時にフォローすべきタスクの左に「□」マークをつけると洩れが防げて書き直しも不要 (結構重宝するノウハウで、一回使いだすと止められなくなる。可能であれば、目立つ色の決まったペンで「□」マークをつけると後で発見しやすい)
③ミーティングでは相手の準備不足も事前に消しておく (人が集まって何かするとき全部に当てはまりますが…相手をコントロールするって意味でも先読みは有効か)

例に出るのがITプロジェクトなので、IT関連の方にはあるあるって感じで面白く読めます(よく解るのでちょっと違うな~ってのもありましたが…)
本のコラムコーナーにプロアクティブによって生まれた時間の投資法があったのであげときます。
①資格取得のための勉強(ゴールが明確なので取組み易い)
②社内外の勉強会、セミナーに参加(勉強会を主催するまで行くと大変だが得るものも大きい)
③転職活動(自分の棚卸しのきっかけによい)
全部やってたので、チョット励まされたような気になり嬉しかった。
スポンサーサイト


テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

Books | 11:37:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。