■ワクワークショップ

ワクワークショップVol17バナー

■プロフィール

proclamation

Author:proclamation
ビジネス書著者を講師に招いたワクワークショップを主催。
Vol.01 横田尚哉氏、Vol.02 小山龍介氏、Vol.03 田島弓子氏、Vol.04 島田昭彦氏、Vol.05 マダム由美子氏、Vol.06 板橋悟氏、Vol.07 齊藤正明氏、Vol.08 阪部哲也氏、Vol.09 川田浩志先生、Vol.10 山口路子氏、Vol.11 マダム由美子氏、Vol.12 手塚美幸氏、Vol.13 横田尚哉氏、Vol.14 Marie&Carol、Vol.15 秋竹朋子、Vol.16 田島弓子氏。

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■FC2ブログランキング

お気に召したら下↓をクリック!

FC2Blog Ranking

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■広告

■Amazonビジネス書籍
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ワクワークショップVol.12 手塚美幸氏に学ぶ「感性トレンド」 1/15開催します
昨年はワクワークショップの参加者はじめ
多くの方にお世話になりました。

本当にありがとうございました^^)

本年もよろしくお願いします!


新年第1弾のワクワークショップ開催します★


今回のワクワークショップ講師は、
「怪獣の名前はなぜガギグゲゴなのか」「なぜ、人は7年で飽きるのか」など
怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか (新潮新書)なぜ、人は7年で飽きるのか
日本語はなぜ美しいのか (集英社新書)恋愛脳―男心と女心は、なぜこうもすれ違うのか (新潮文庫)
で知られる感性研究の第一人者、黒川伊保子氏の愛弟子である
手塚美幸氏にご教示いただきます。

テーマは、「感性トレンド」


2013年には、時代は感性の大きな分岐点=パラダイムシフトを迎えるとのこと。
時代の風向きを知って、ご一緒に新時代へのアドバンテージを手にしましょう!


未来予測は数あれど、大衆感性の周期変化に着目している
「感性トレンド」による未来予測は要チェックです。

2010年の年頭を飾るのにふさわしいかと^^)


大衆は7年で気分を変えながら、7×4=28年のアナログ気分と、
28年のデジタル気分を繰り返します

この”ブレインサイクル”の年表を見て、解説を聴いているだけで
ワクワクしてきます。

勿論、学んだことをその場のワークで楽しみながら
身につけますよぉ


みなさんには、ぜひ年頭にこのワクワクを味わっていただき、
これからの活動に活かして頂きたい。


今回のワクワークショップが、非連続の時代を生き抜く
みなさまの一助になれば幸せです。

─────────────────────────────────────────
開催日時 :日時:1/15(金)19:00~21:00(18:30開場)

会場   :大井町(品川の隣)きゅりあん5階第4講習室
      (大井町駅から徒歩1分で隣接しております)
      東京都品川区東大井5-18-1
      [アクセスマップ]
      
講師   :手塚 美幸(てつか みゆき)

受講料  :5,000円(事前の銀行振込)

定員   :30名様
─────────────────────────────────────────
この後、せっかく集まったメンバーですので、
希望者のみでこのあと、懇親会を行いますので、
ぜひご参加下さい^^)
(4千円程度)


◆【講師プロフィール】
手塚美幸(てつか みゆき)

感性アナリスト、プロダクトデザイナー
株式会社感性リサーチ 客員研究員
大前研一のアタッカーズ・ビジネススクール補助講師
リビング新聞社アカデミーア・ミネルヴァ講師
ヒコみづのジュエリーカレッジ ウォッチメーカー講師  1級時計修理士

 1985年、東京芸術大学卒業後、時計製造会社にて、21ブランドの
メゾンやカルティエ等のライセンサーとの商品作りを含む国内外、
約2千種の腕時計デザイン開発に携わる。
 2006年、「怪獣の名前はなぜガギグゲゴなのか」で知られる感性研究の第一人者、
黒川伊保子氏の感性理論に出会い、師事する。
 現在は、語感分析をはじめ、脳の使い方の違いから起る職場のコミュニケーションギャップや
消費行動の嗜好性の違い、脳の感性が生む流行法則などの研究を生かし、
製品開発コンサルティング及び、専門学校講師、セミナー講師などを行っている。
長野工業技術総合センター総会、諏訪中央病院看護部研修会などでの講演も行う。

ブログ:感性トレンド研究日誌


エントリーはこちらから^^)
バナーVol12
スポンサーサイト


テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

Action | 23:59:57 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
感性を磨くこと、本当に大事ですよね。

大切なことが学べそうです。
2010-01-13 水 20:15:19 | URL | 齊藤正明 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-03-03 水 21:32:04 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。