■ワクワークショップ

ワクワークショップVol17バナー

■プロフィール

proclamation

Author:proclamation
ビジネス書著者を講師に招いたワクワークショップを主催。
Vol.01 横田尚哉氏、Vol.02 小山龍介氏、Vol.03 田島弓子氏、Vol.04 島田昭彦氏、Vol.05 マダム由美子氏、Vol.06 板橋悟氏、Vol.07 齊藤正明氏、Vol.08 阪部哲也氏、Vol.09 川田浩志先生、Vol.10 山口路子氏、Vol.11 マダム由美子氏、Vol.12 手塚美幸氏、Vol.13 横田尚哉氏、Vol.14 Marie&Carol、Vol.15 秋竹朋子、Vol.16 田島弓子氏。

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■FC2ブログランキング

お気に召したら下↓をクリック!

FC2Blog Ranking

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■広告

■Amazonビジネス書籍
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『LIVE HACKS!』読書ノススメ
時間畑つながりで-農作物を作るときに最も重要な要素は何か?
それは土壌なんですね。 実りを変えたければ、まず土から

LIVE HACKS! [ライブハックス!]
大橋 悦夫
ゴマブックス
売り上げランキング: 4126


”ライブ”から連想するような生き方系ではなく、「仕事を効率良くこなす」HUCKです。
目次を見ればすぐに判ることなのですが…

時間畑の法則は次の5つのステップからなります(これが目次の大項目にもなってます)
 1.最優先課題を知る--自分の「時間畑」を知る
 2.時間の使い方をた改める--自分の「時間畑」を耕す
 3.望ましい行動を植え付ける--自分の「時間畑」にタネをまく
 4.「備え」を厚くする--自分の「時間畑」に肥料を与える
 5.成功を繰り返し再現する--自分の「時間畑」から収穫を得る


■PickUpPoint

◇そもそも効果が出るまで続けないのは、心のどこかでそれを切実には求めていないからではないでしょうか。「これだけやって効果が出ないのだから、仕方がない」とあきらめる、つまり、結果が出る前にやめてしまうのです。

(それって”切実か?”と何度も問い詰められて、それでも「切実です」と答えられるほどの思いで取り組んでいることって、実はそんなにないな…それで結果を求めるのは虫がよすぎるということか)


◇「仕事をもっと効率良くこなしたいですか?」と聞かれて、ノーと答える人はいないでしょう。 でも、イエスと答える人のうち、切実にそれを求めている人はあまりいません。 「効率良くこなしたい」人はたくさんいても、「効率良くこなさなければならない」人は多くない、ということです。

(ドキッ! 私は「効率良くこなしたい」程度の人です。 現状を維持したままで”思考”とか”習慣”を変えるのって、実はすごく遠回りなやり方で非効率的なんじゃないか、と最近常々考えている。 グダグダ考えずに環境を変えた方がずっと目的にまっすぐ向かっていける気がするな~でもすぐにもたげてくるのが、今のを捨てるのは”モッタイナイ”)


◇「あとで~しよう」は時間をローンで買っているようなものです。
このローンの問題点は完済(履行)できないことです。
ローンをきっちり返すための三つのポイント
1.結局回せないなら、最初から「あと回し」にしない
2.「あと」がいつなのかを日時レベルまで明らかにする
3.「あと」の日時が近づいたら、それに気づけるようにする

(仕事に関しては、最近ようやく時間ローンをあまり組まなくなってきたし、組んでも完済できている。 ただ、プライベートというか人生への取り組みについてはまだまだできていない)


◇準備段階は妄想がふくらみ、この妄想の段階が頂点で、あとは下降するばかりです。
現実の具体的な作業というのは地味で地道なものですから、妄想で膨らませた艶やかなイメージとは相容れず、その落差に耐えきれなくなってしまうのです。

(「夢をかなえるゾウ」にも似たような内容が書かれていましたね。 他にも同意の内容が頻出してます。 いかにこのパターンに陥りやすいかということでしょう。 かく言う私もこのパターンにはまり気味です。 ”地道に続ける”が無理なくできる画期的な方法はないかな)



大橋氏の著者セミナーがあるというのでどんな本を書かれているか確認のために読んだしだい。

この本からは”切実さ”というキーワードをもらいました。
やっぱりゆで蛙なのかな…
スポンサーサイト


テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

Books | 23:23:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。