■ワクワークショップ

ワクワークショップVol17バナー

■プロフィール

proclamation

Author:proclamation
ビジネス書著者を講師に招いたワクワークショップを主催。
Vol.01 横田尚哉氏、Vol.02 小山龍介氏、Vol.03 田島弓子氏、Vol.04 島田昭彦氏、Vol.05 マダム由美子氏、Vol.06 板橋悟氏、Vol.07 齊藤正明氏、Vol.08 阪部哲也氏、Vol.09 川田浩志先生、Vol.10 山口路子氏、Vol.11 マダム由美子氏、Vol.12 手塚美幸氏、Vol.13 横田尚哉氏、Vol.14 Marie&Carol、Vol.15 秋竹朋子、Vol.16 田島弓子氏。

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■FC2ブログランキング

お気に召したら下↓をクリック!

FC2Blog Ranking

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■広告

■Amazonビジネス書籍
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『レバレッジ人脈術』読書ノススメ
本田直之氏をして、「人脈に勝るパーソナルキャピタルなどありません」と言わしめる
人脈は自分一人だけではどうにもならないところが憎らしい

レバレッジ人脈術
レバレッジ人脈術
posted with amazlet at 08.07.21
本田 直之
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 1804

本田直之氏の著書レバレッジシリーズ第5弾。

上場企業の社長さん+αな方の人脈術なので、一介のサラリーマンが即実行!と真似のできる内容ではありませんが、一歩目くらいは踏み出せるかと。

人づきあいの基本は「ギブ・アンド・ギブ」ではなく「コントリビューション(貢献)」。
(「ギブ・アンド・テイク」程度では問題外とのこと)

Prologueに本田直之氏の人脈に対する考えが述べられています。
私の考える人脈とは、情報を交換したり、人を紹介したり、刺激し合ったりして、一緒に成長していけるようなマインドの高い仲間のことです。

刺激し合える関係は本当に重要。 最近そう感じる機会が増えてきています。
2008年3月27日(木)にあったビジネス選書セミナー本田直之「レバレッジ人脈術」で知り合ったメンバーとは定期的に会合(飲み会・・・)を開催して刺激し合っています。

社外にいるマインドの高い仲間は貴重ですよ、本当に!
おっ! 第一歩かなぁ


ちょっと長くなりますが、自戒を込めて人脈関連のタブー/条件のリスト

人脈づくり6つのタブー
①名前も言わずにお願いする
②相手の都合を考えないアプローチやコンタクトをする
③自分の話しかしない
④意味のない紹介をする
⑤「お願い」ばかりする
⑥「メンター」になることを依頼する

「会いたいと思われる人」になるための条件
①インプット
②魅力的なプロフィール
③情報発信

思わず「紹介したくなる人」、5つの条件
①紹介を頼まない人
②コントビューション・ベースの関係である人
③相性が合う人
④やりたいことが明確になっている人
⑤マインドの温度差がない人
 

 


 

■PickUpPoint

「誰を知っているか」ではなく、「誰に知られているか」

似たようなことは他の本でも書かれていますが、この表現が一番グサッときました。
シンプルだが、心構えに最適な言葉です。


いざ必要になってから急に人脈をつくろうと思っても、もう遅いのです。
自分が何をしたいのかを明確にし、人のつながりを大事にし、マインドの高い人とのつながりをつくっていくというスタンスでいいのです。

自分が何をしたいかは、まだ明確じゃないんですよね。 ここの部分がもう少し固まってくると状況が変わってくる気はしているのですが・・・


ただ、「今の段階では、魅力的なプロフィールが何もない」という人もいるかもしれません。たとえそうであっても、自分はどうなりたいのか、どういう人と一緒にビジネスをしたいのか、といったことを思い描くことは大切だと思います。(中略)
プロフィールをつくり上げることは、そのまま自分の目標観と直結します。

パーソナル・ブランディングの章での一節。
自分の理想のプロフィールを考えるというのは、かなり秀逸なアプローチだと思います。
これだと、仕事も趣味もひっくるめて、自分全体の理想像を嫌でも考えなければなりませんからね。
スポンサーサイト


テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

Books | 21:49:29 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。