■ワクワークショップ

ワクワークショップVol17バナー

■プロフィール

proclamation

Author:proclamation
ビジネス書著者を講師に招いたワクワークショップを主催。
Vol.01 横田尚哉氏、Vol.02 小山龍介氏、Vol.03 田島弓子氏、Vol.04 島田昭彦氏、Vol.05 マダム由美子氏、Vol.06 板橋悟氏、Vol.07 齊藤正明氏、Vol.08 阪部哲也氏、Vol.09 川田浩志先生、Vol.10 山口路子氏、Vol.11 マダム由美子氏、Vol.12 手塚美幸氏、Vol.13 横田尚哉氏、Vol.14 Marie&Carol、Vol.15 秋竹朋子、Vol.16 田島弓子氏。

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■FC2ブログランキング

お気に召したら下↓をクリック!

FC2Blog Ranking

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■広告

■Amazonビジネス書籍
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『「アイデア発想55テクニック集」ワンランク上の問題解決の技術《実践編》』の出版キャンペーン特典2』読書ノススメ
Amazonキャンペーンを笑うものはAmazonキャンペーンに泣く
しょせんオマケのタダグッズだと侮るべからず、かなりのお役立ちグッズだ


7月30日の記事『ワンランク上の問題解決の技術《実践編》』の出版キャンペーン特典2「アイデア発想55テクニック集」からの記事になります。

特典が3種類あって、どれにしようか悩みましたが、これにしてよかった(他のを読んでいないので本当は不明ですが)

1スライド1テクニックでコンパクトにまとまっており、大変参考になりました。
もっとも、一度に55個のテクニックが身につく訳がないので、気になるテクニックから順番に実践で活用していきます。

気になったのが並び順で、特に法則らしいものは見つからなかったので、著者の気分?なのでしょうか。
ただ、「オズボーンのチェックリスト法」で始めて、「アイデア・マラソン」で締めた著者の気持ちは解る気がする。


紹介されている55テクニックのうち気になるのをPickUpします。
(他にもホーってのが満載)


■PickUpPoint

TRIZ法
・「39の物理特性」の矛盾を解決する、「40の発明原理」
・「4つの物質と場モデル」の問題を解決する、「76の標準解」
・これまでの進化から次の進化を予測する、「技術進化の8パターン」

今まで知らなかったのですが、Amazonで調べるとこのタイトルで何冊も出版されており、代表作(どれだか不明ですが)を何冊か読んでマスターします。
(この説明だけでは、何もできませんので)


ドラえもんグッズ法
・ドラえもんの未来道具を調べる
・アイデアに使えそうなものを見つける
・それをもとに、アイデアを出す

なるほど!と膝を打ってしまいました。
4次元ポケットから出てくるグッズは、ダイレクトに欲望(主にのびた君の)を叶えてくれるものですので、欲望の種類とその実現方法(目的と手段)をセットで手に入れられる。

そもそもがぶっ飛んでいるので、それをもとに捻ると何か飛躍したアイデアが出そうですね。
小学生以来になるが、久しぶりにドラえもん百科でも読むかな。

トーキング・スティック
・TS(トーキング・スティック)となる者を1つ決め、メンバに説明する。
・発言する者は、TSを持って発言する。

これは面白い。
喋らない人を無理やり喋らせる、喋りすぎる人を黙らせる、どちらにも使えますね。
アイデア会議だけじゃなくて、普通の会議でも使えそうですね。
柔らかいボールとかにして、名前呼んでトスしていくとリズムと活気が出そう。


アイデア・マラソン
・専用ノートをつくる(一元化、常に持ち歩けるもの)
・1日2つ以上のアイデアを考える(テーマは何でも良い)
・専用ノートに書く(日付、タイトル、分類、番号、絵、文章)

グアーッ
これ!何度も習慣化しようとして失敗し続けている。
私のように頭が固い人間には、もう少し小さく始めることが必要なようです。
『脳が教える!1つの習慣』で得たことを生かして、小さく小さく始めてみようっと。


このようなAmazonキャンペーンでGetした資料は、紹介しても入手できないのが難点ですね。

売る側としては、このようなキャンペーンで瞬間風速を作りたいし、買う側はキャンペーングッズ(文書資料や音声ファイル)をタダで入手できるので、個人的にはいい関係だと思っています。
好きな著者のランキングアップにも貢献できますしね。

みなさんも日ごろから網を張ってAmazonキャンペーンで素敵なお役立ちグッズをGetしましょう。
スポンサーサイト


テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

Books | 16:53:32 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
アイデアマラソン
こんにちわ。アイデアマラソンの考案者の樋口健夫です。アイデアマラソンはぜひとも挑戦してみてください。開始するのが若ければ若いほど、早ければ早いほど、継続期間が長ければ長いほど、強烈な人生への影響があります。がんばってください。
2008-08-07 木 19:37:02 | URL | 樋口健夫 [編集]
コメントありがとうございます!
発案者の樋口健夫さんから直々にコメント頂けるとは恐縮です。
しかも失敗続きのコメントで・・・

お言葉を胆に命じて再チャレンジいたします。

単純に前回と同じやり方では、また失敗してしまいそうなので、継続できるような工夫を盛り込むようにします。

このブログにも書かせていただいていますが、最近”継続”づいていますので、今度こそ!の予感があります。
2008-08-07 木 21:10:16 | URL | LANCEROT [編集]
満足いただいたようで
『ワンランク上の問題解決の技術』の著者です。

キャンペーンに参加いただいてたのですね。有難うございました。

お蔭さまでハリーポッターの発売日にもかかわらず、ハリーポッターと並んで、書籍総合ランキングのベストスリーに入ることができました。

「ドラえもんグッズ法」をピックアップいただき、有難うございました。苦しいときに思いついた方法です。なかなか面白いでしょ。



樋口健夫さま

ご無沙汰しております。このようなところで、再開できるとはおどろきです。
アイデアマラソンは、アイデア発想のテクニックの中でも優れたものなので、紹介させていただきました。書籍の中でも、紹介させていただいています。
もちろん、私も継続中です。
2008-08-08 金 19:51:59 | URL | 横田尚哉 [編集]
コメントありがとうございます!
横田尚哉様
前回に引き続きコメント頂きましてありがとうございます。
このように著者からコメント頂けると、本当に励みになります。

「ドラえもんグッズ法」は55テクニックの中で一番インパクトありました。
関心するだけではなく、実践で生かしていきます。

横田さんはアイデアマラソン続けられているのですね、私も後に続きます!
2008-08-09 土 17:32:25 | URL | LANCEROT [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。