■ワクワークショップ

ワクワークショップVol17バナー

■プロフィール

proclamation

Author:proclamation
ビジネス書著者を講師に招いたワクワークショップを主催。
Vol.01 横田尚哉氏、Vol.02 小山龍介氏、Vol.03 田島弓子氏、Vol.04 島田昭彦氏、Vol.05 マダム由美子氏、Vol.06 板橋悟氏、Vol.07 齊藤正明氏、Vol.08 阪部哲也氏、Vol.09 川田浩志先生、Vol.10 山口路子氏、Vol.11 マダム由美子氏、Vol.12 手塚美幸氏、Vol.13 横田尚哉氏、Vol.14 Marie&Carol、Vol.15 秋竹朋子、Vol.16 田島弓子氏。

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■FC2ブログランキング

お気に召したら下↓をクリック!

FC2Blog Ranking

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■広告

■Amazonビジネス書籍
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『幸せな宝地図であなたの夢がかなう―きっと! 今日から人生が変わる』読書ノススメ
あなたは、自分の夢を明確なイメージ(ビジョン)として描けますか?
私も描けない一人ですが、そのような人々のために宝地図があります

幸せな宝地図であなたの夢がかなう―きっと! 今日から人生が変わる
望月 俊孝
ゴマブックス
売り上げランキング: 15119


成功哲学には必ずでてくる、「自分の夢を明確なイメージで描き続ける」というアドバイスがありますが、実際には頭の中で明確なイメージを描ける人は少ない。

対処法は2つ考えられます。
1.明確なイメージを描けるように訓練する。
2.自分のイメージに近い状況や物の写真を目で見る。

本書では、とっつき易く、今すぐ始められる「2」を勧めていて、それが『宝地図』です。

「大きな紙に自分の夢を書き込み、イメージや写真を貼っていく。それを部屋に飾って、毎日眺めるだけです。それを始めるとあなたの夢が叶ってしまう」というものです。


これだけではボヤっとしているのですが、本書では具体的にやり方を示してくれています。

・『宝地図』の創り方
・潜在意識を中心とした、『宝地図』で夢が叶う理由
・『宝地図』活用テクニック集


何冊かの本で、これと似たようなやり方が紹介されていて、気にはなっていたまま、なんとなく手付かずでしたが、早速始めます。
実は、オッという写真を見つけてはストックしていましたので、あとはコルクボードを買って、キャッチコピー書いて、写真を切り貼りすれば、まずは出来上がるんです。

本書では、いつでも簡単に差し替えられるようにA1サイズのコルクボードを勧めていました。
さらに、創った『宝地図』を写真に撮って、印刷してあちこちに貼ったり、携帯の待受けにしたりして、何度も目に入るようにすることも勧めています。

本田直之氏のレバレッジオーガナイザーには10年後の目標まで文字では書いているのですが、それを補完するツールとして役立てます(こっちがメインか?)


■PickUpPoint

一説によると、目標を紙に書いている人は、ほんの3%程度だと言います。一日に何回もその目標を思い出す人はさらに少ないことでしょう。

「一説によると○○%と言われています」ってよく見かけますが、本当にどこまで合っているんでしょうかね?
最初に誰かが書いたものが引用されているうちに、いつの間にか「一説」になっているものが多い気がします。
ただ、書かれている数字は、だいたいそんな感じだろうなぁという値になっているから不思議です。

1.2億人の3%は360万人で、さらに少ないを1割りとしたら36万人。
絶対数にすると日本人だけでも結構な数になる気がするのですが・・・
この人たちは仲間なのか? ライバルなのか?


宝地図を創って、それを眺めるということは、「人生の優先順位をメモして、必要なときに教えてくれる、有能なコーチやマネージャーを雇っている」のと同じことだと言っていいでしょう。しかもコーチ代は無料です。

確かに、緊急ではないが重要なコトへしっかりリソースを振り向けたり、毎日の生活と目標との方向感のズレをセルフチェックしたりができる気がする。


実現の確立を高めるちょっとしたコツ(中略)
そのひとつは、「自分のちょっとした変化をキャッチし、ほめて、自分自身にご褒美をあげる。それも頻繁に」ということです。

どうも、これが上手くできていないことに気づかされた。
頻繁にちょっとした自分へのご褒美って、それで自分が本当に喜べるモノ/コトでなければならないとすると、結構難しいと思うのは、頭が固いのでしょうか?

もっとストイックな生活にして、テレビが1時間観られるとか、映画1本観られるとか、甘いものが食べられるってことが、ご褒美でなければ手に入らないようにすればいいのかな・・・



年を取るごとにオリンピックを観ている時間が長くなっている気がするのは、気のせいだろうか?
特にLIVEは本気で声を出している!
皆さんはいかがですか?

オリンピックと高校野球が終わってしまうとなんだか寂しい・・・
と思っていたら、ナント! 先週末からイングランドサッカーのプレミアリーグが開幕していた!

開幕試合を見逃すという痛恨のミス!
再放送でチェックだ!
スポンサーサイト


テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

Books | 17:30:00 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
本日は朝早くからお疲れ様でした。

早速伺いました。
いやー、まさか1冊についてこれほど詳細に記述されているとは・・・。
感服いたしました。
やっぱり「継続は力」「質量転換」ですね。

今後とも拝読いたします。
頑張ってください。

それではまた!
2008-08-19 火 14:21:31 | URL | arai [編集]
コメントありがとうございます!

こちらこそ充実した朝食会になりました。

まだ転換するほど量は足りてませんが、どこかで質に化けることを信じて続けていきます。

継続して読んでいただける水準の記事をUPしていけるよう励みます。
2008-08-19 火 14:32:20 | URL | LANCEROT [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。