■ワクワークショップ

ワクワークショップVol17バナー

■プロフィール

proclamation

Author:proclamation
ビジネス書著者を講師に招いたワクワークショップを主催。
Vol.01 横田尚哉氏、Vol.02 小山龍介氏、Vol.03 田島弓子氏、Vol.04 島田昭彦氏、Vol.05 マダム由美子氏、Vol.06 板橋悟氏、Vol.07 齊藤正明氏、Vol.08 阪部哲也氏、Vol.09 川田浩志先生、Vol.10 山口路子氏、Vol.11 マダム由美子氏、Vol.12 手塚美幸氏、Vol.13 横田尚哉氏、Vol.14 Marie&Carol、Vol.15 秋竹朋子、Vol.16 田島弓子氏。

■最近の記事
■リンク
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■FC2ブログランキング

お気に召したら下↓をクリック!

FC2Blog Ranking

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■広告

■Amazonビジネス書籍
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践』読書ノススメ
勝間和代氏の凄さ?
それは、直感的に効力が浮び、しかも印象にのこる名称をつける達人!

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践
勝間 和代
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 45

本の中にも書かれていますが、レベルが高い上にメチャクチャ情報量が多い、多過ぎる。

ビジネス思考力とは、「ビジネスを遂行するうえで、日常的に役に立つ、他の人より一歩先を行くために必要な基礎的なものの考え方」と定義しています。

もう少し砕いて、“知っていると楽になる、ものの基本的な考え方や発想のしたかのテクニックの集まり”としています。

そして、最も重要なことは行動すること、そして、結果ではなくプロセスであること訴えています。

前作までと同様に、本書も構造化・階層化されていて、目次だけでおおよその全体像を把握できます。
気になる方は本書を読んで下さい、とても書ききれない・・・


本書で書かれている“力”を全て身につけて、実践で発揮できたら、相当というかメチャクチャス凄いビジネスパーソンになってしまいますね。

実はこの本を買ったのは暫く前で、3回読んだのですが、全くついていけてない。
今の私でも手がつけられそうで、効果的そうなところから、少しずつ実戦で試していってます。

泣き言になりますが、この本一冊マスターしようとしたら、私では環境を整えないと一生かけても難しそうです。
(勝間和代氏と同じ環境を与えられたらマスターできるのか?と問われると回答に困りますが・・・)

それでも、職場の机に常備して何かあるたびに辞書のように使える本ではあります。
(私はそうしています)


■PickUpPoint

ビジネス思考力は、アウトプットを見た周りの人からのフィードバックがあってはじめて磨かれます。そのためにも、「手足と口をまめに動かすクセをつけ、適切なフィードバックを得ること」が、ビジネス思考力をつける大きな要素となります。

適切なフィードバックが欲しーーい!
本当に切実です。
なので、まだまだ拙いのですが、色んな人に私が感じたこととかをフィードバックするようにしています。
いつか回りまわって私の元に届くでしょう。


人と会う、本を読む、ヒット商品を分析するなどさまざまな手法で、求める答えに関するアイデアの情報を収集することができます。ともすれば、課題に対する答えそのものを直接求めがちですが、そうではなく、
いかにそのネタとなるようなアイデアを探し続けられるか
が、ラテラル・シンキングの鍵だと思います。

このくだりは耳に痛かった。
楽をしたいと思っているわけではないのですが、いつの間にか“答えそのもの”を探しています。
私にとっては、この本で一番ありがたかったくだりです。
かなり危険な間違ったフレームワーク?に陥っていました・・・感謝!

“ラテラル・シンキング”は、この本で初めて知りました。水平思考力のことです。


このアフォーダンスの考え方が重要なのは、デザインとは、その受け手に、それが自分に対し何をアフォードしてくれるものかを指し示すために使うということだからです。

アフォーダンスとは、いろいろなものやことについて、私たちに、それを用いて何ができるのかを認識させること、だそうです。
「デザイン」の力と意味についてのくだりなのですが、非常に重要な気がして書きました。が、まだよく解っていません。


人にものを説明するときに大事なのは、
相手の無意識の中に、あるいは、相手がこれまでの経験値として蓄えてきているものに、いかにきっかけを与えて働きかけ、それを呼び覚ますことができるかです。

イラスト・図表の活用のくだりなのですが、「説明」そのものに当てはまる提言です。
結局、相手は自分の経験の中から説明内容のイメージを再構築するのですからね。
その際、コミュニケーションツールとしては曖昧を許す文字(言葉)より、イラスト・図表(+数字)をうまく活用すると効果的だと言われると納得。

勝間氏にはリアリストのイメージがあるのですが、普通に“無意識”とか使われるんですよね。


数字を使って人に説明するというのは、数字を説明することではなくて、数字の結果がイメージできるように相手を説得するということなのです。

目から鱗でした。
たぶん、「5%です」ではなく、「5%が持つ意味」を相手に伝えて、その意味を双方が共有しなければ、数字の力を活かしきってないということなのでしょう。
と理屈までは解りましたが、実践ですぐできるわけは無くて、少しずつ上達していくしかないのでしょう。



Jobwebの朝食会に参加してきました。
今回はセミナー形式ではなく、参加者がテーマを持ち寄ってディスカッションする形式でしたが、セミナーとは違った学びに満ちていました。

最近になって、この手のに参加するようになったので、すでに長く取り組まれている方とは開きがあって当然なのですが、社外に出ると一個人として随分差をつけられているな~と感じることが多い。

もっとも、そう感じるために参加しているし、そう感じる方々と知り合うために参加しているので、期待通りの成果を上げていると言えば、上げていることになるのかな。
スポンサーサイト


テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

Books | 18:30:00 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
同感です。

勝間さんの本は参考になるというか・・・逆に毒なような気がします。

あっ、でも「お金は銀行に預けるな」はとても参考になりました。
2008-08-20 水 16:57:14 | URL | arai [編集]
コメントありがとうございます!
「お金は銀行に預けるな」はこれから読もうとしています。

実は、キャッチコピーにある、してはいけない3つを全てしている(保険は随分前に小型にしましたが・・・)ので、これまで避けてました。
2008-08-20 水 17:23:47 | URL | LANCEROT [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。